0
ITALY NEWS

イタリア中小企業訪問
0
2005/6/1 
 

イタリア中小企業訪問


Mac@Work Consulting srl

マック愛好者が集う
WEBエージェンシー





現在ではインターネット普及率でEU15カ国平均を上回るほどになっているイタリア。しかし、つい最近までニューテクノロジー分野では後進国と見られていた。そんな1998年頃、インターネットへの情熱を持つ若者がミラノでWEB制作会社を興した。ほんの小さなスペースから始まったこの会社、その後、イタリア初のアップル社公認アップルセンターとなり、徐々に会社の規模を大きくしていく。今ではミラノの中心カドルナ地区にトータル300平米のオフィスを構えるに至った。
今回は、このWEBエージェンシー、Mac@Work Consulting(マック・アット・ワーク コンサルティング)の代表ファブリツィオ・レ・ガルバニャーティFabrizio Re Garbagnatiさんにお話を伺った。

*******************

Mac@Workの活動は、"インターネット"を中心に大きく3つに分けられる。1つは、サイトの制作運営、WEBホスティングなど、顧客にインターネットソリューションを提供するWEB関連の仕事。2つ目はマッキントッシュ(以下、マック)製品の販売・アシスタントというアップルセンターとしての仕事。そして3つ目がマック製品等に関するセミナー、講習会の開催だ。
オフィスは地下1階から3階まで4つの階に分かれ、1階はマックの販売店舗、2階は応接事務所、3階がWEB関連オフィス、そして地下1階は修理受け付け、講習会場となっている。全体的に白色を基調とし、特に1階の店舗は道路に面して全面ガラス張りで、明るい雰囲気を醸し出している。

「1998年、サイトの制作管理など顧客へのインターネットソリューションの提供からこの会社は始まりました。」と、ファブリツィオさんは応接デスクに座るなり会社の歴史を話し始めてくれた。
「当時はWEBブームが起こった時期でもありました。その後、アップルの営業マンとのつながりからアマックコンピューターの販売を始め、そこからアップルのコミュニティが広がっていったのです。」

Windowsが圧倒的シェアを持つパソコン市場。その中においてマックを使う人たちというのは、本当にその良さを知っている"アップルファン"だ。これは日本でもイタリアでも同様。イタリアにはPOCという約2,000人の会員数を誇るアップルファンのコミュニティがあり、Mac@WorkはPOCのために無償でサイト制作などの手伝いをしている。ファブリツィオさん曰く「アップル好きだからできること」だ。
POCは1999年にイタリアの有名な情報関連見本市SMAUにイベント参加するなど次第に大きくなり、それに伴いMac@Workも成長してきた。「毎週金曜日の夜、POC会員の集会をここで開いています。ワイヤレスインターネットなど無料で使ってもらっています。POCのサイトがMac@Workの拠り所でもあり、POCを通じて私たちの仕事も広がることができたのです。」
1998年の会社設立当時は、ナビリオの小さな場所でたった3人でやっていた。それが、アップルのコミュニティを通じて顧客を増やし、マック販売部門もWEB部門も大きくなってきたと言う。カドルナ駅に近いカルドゥッチ通りの現オフィスへと移ったのは2002年。今では外部からの協力者を含めると約20人が働いている。

顧客層は、マック販売部門では一般個人消費者や自由業の人たちが多く、WEB部門は大企業から中小企業、個人まで幅広い。例えば元サッカー選手、有名女優の個人サイトも制作した。ファブリツィオさんが見せてくれたそれらのサイトは、シンプルで分かりやすいのが特徴。デザインの段階からMac@Workがすべて手掛けている。
ちなみに、同社の売上はマック販売から上がる部分が大きいが、利鞘はWEB部門の方が大きく、バランスよく稼いでいるという。

こういったインターネット関連の仕事をするにはどういった勉強をすればいいのか。ファブリツィオさんの経歴を尋ねてみた。「私はリチェオ・クラッシコ(文科高等学校)を出て、大学で少し勉強し、その後アメリカに半年ほど行きました。勉強したのは出版などについてで、今の仕事とは全く関係ありません。新しいものを作りたかったのと、もともとマックが好きでずっと使っていたこともあって、この仕事を始めました。このオフィスで働くのは有能なスタッフ達ですが、彼らも働きながら学ぶという部分が大きいですね。」

ところで、イタリアのパソコン市場におけるマックのシェアは4〜5%。世界市場3.5%より少し高い。デザイン分野で働く人たちはほとんどがマック派だと言う。
新しく出たマックOSの素晴らしさについて、パソコンを動かしながら説明してくれるファブリツィオさん。実際、ここでは講習会も開かれる。あるいは、顧客の要望に応じて出張レッスンも行う。また、アップル社のニューテクノロジーや、サイバー芸術、3Dなど、さまざまなテーマのセミナーも企画する。
「ミラノにはマック製品を専門に扱う店は他に2軒ありますが、彼らがやっているのは製品販売のみ。Mac@Workの違う点は、講習会やセミナーなどを開き、人が集まる場所すなわちコミュニティとなっているということです。私たちは他2店の販売シェアを奪ってきており、2002年にこのオフィスを開いて以来、業績はずっと好調です。」

マック製品を買うことができ、マックに関する情報はすべて手に入る。しかも、それだけでなく、セミナーや講習会が開かれ、全くマックを知らない人から愛好者まで色々な人たちが集う。ここは言ってみればマルチ・ファンクションな場所なのだ。 マックへの情熱と新しいアイデア、そしてそれを人々と分かち合いたいというファブリツィオさんの強い思いから生まれたMac@Work。その成功の鍵は、まさに"情熱とアイデアの共有"にあるに違いない。   (K.Maruyama)



Mac@Work Consulting srl
Via Carducci,
angolo galleria Borella
tel:(+39)02-45495111

fax:(+39)02-45495779
e-mail:store@macatwork.net
URL:http://www.macatwork.net


 

トップへ  
    

www.japanitaly.com