JAPAN-ITALY Business On-line
0 BUSINESS ON-LINEITALY NEWS

NEWS FLASH

2010/9/30

経済金融産業動向社会・ライフスタイルBACK NUMBER

金融経済 EC0NOMY


2010年GDP成長率1.2%に
政府の財政見通し「見直し」  

9月29日、財政見通しの「見直し」がトレモンティ経済・財務相より閣議に報告された。
それによると、2010年のGDP見通しは、本年4月の見通しの1.0%より0.2上昇し1.2%となるが、2011年は本年4月の1.5%に対し今回の見直しで1.3%と減少する。2012年は2.0%となる見通し。

財政赤字は、2010年末にはGDP比で5%、2011年に同3.9%、2012年に同2.7%。
GDPに対する税負担率は2010年42.8%、2011年42.4%、2012年42.6% (2009年は43.2%) 2010年のインフレ率は1.6%。
失業率については、2010年および2011年は8.7%、2012年8.6%(2009年は同7.8%)。


TOP
産業動向 INDUSTRY


イタリアへの多国籍企業による直接投資 393社
米国、フランス、日本の順


このほど発表された国際連合「世界投資レポート」によると、イタリアへの多国籍企業による直接投資額累計は2009年末現在、前年比15%増で約3940億ドルとなったが、フランスの1兆1250億ドル、英国の1兆1250億ユーロとは大きな差が記録されている。一方、2009年単年度のイタリアへの投資額は305億ドル。フランスは同596億ドル。英国456億ドル。
ローマ商工会議所の委嘱で調査機関IPSOSが実施した調査では、イタリアに直接投資を行っている多国籍企業の総数は393社で、シェアの第1位は米国で46%、第2位がフランスで11%、3位が日本で10%。これら393社の年間売上高総額は約4669億ユーロで雇用者数は931924名。

直接投資している企業を業種別にみると、第1位が「金融・保険」で65社、第2位「化学・医薬品」61社、第3位「輸送機器・機械」47社、第4位「コンピュータ、電子機器」43社、第5位「建設・エンジニアリング」29社、第6位「石油関連・製鉄」26社、第7位「コンサルタント、R&S」22社、第8位「商業」22社、第9位「食品・飲料・タバコ」19社、第10社「電気通信、出版、インターネット」17社、第11位「エネルギー、ユーティリティ」17社、第12位「物流・ロジックス」10社、第12位「原料採掘」10社、第14位「繊維・スポーツ用品」5社 


経済危機と消費者行動の変化
「危機が終わっても」節約志向継続


9月中旬、Coop Italia が「消費と流通COOP レポート2010」を発表した。 それによると、イタリアの消費者の73%が、今回の経済危機を契機に消費行動を変化させ、節約を重視するようになったと答えていることが明らかとなった。

具体的な消費行動の変化としては「新しい洋服への出費を減らす」が最も多く全体の69%。また全体の32%が「経済危機が終わってもその傾向を続ける」と答えている。
次に多いのは「外食を減らす」で60%。「バカンスの日数を減らす」53%、「ガスや電気代を節約する」48%。「年間のバカンスを減らす」45%。「日常消費財は安価なブランドに移行する」44%。

なお、「今後1年間で予想外の1000ユーロの支出が必要になった際、対応できない危険があるか」という問いに対する欧州各国比較調査では、イタリアの消費者で「対応できない危険度が高い」とした者が24.2%で、ヨーロッパ主要国の中では、スペインの35.3%には及ばないもの、英国の20.7%、フランスの18.4%、ドイツの12.3%よりも高い値となった。

社会・ライフスタイル LIFESTYLE


結婚件数は過去30年間で最低の25万組
新婚カップルの平均結婚費用は大幅アップ

ISTATイタリア統計局のデータでは、2008年におけるイタリア全国の婚姻数は25万組で過去30年の最低値を記録した。平均結婚年齢は新婦の平均30歳、新郎が36歳、全体で33歳と大きく上がり1970年代と比べ6歳も上昇したことになる。

一方、婚姻数が減少する中で、新婚カップルの結婚費用は大幅にアップするという現象がおこっている。消費者連盟Federconsumatoriの市場レポートでは2010年のウェディング市場は総額で105億ユーロと推定されている。1組当たりの平均額は約43000ユーロで前年比4%増、2001年に比べると2倍に倍増している。

2010年の結婚費用の内訳は下記の通り。単位ユーロ。( )内は2001年の数値。 「結婚パーティ」13750-18680(7700)、「結婚指輪、ボンボン入れ(参列者に配る砂糖菓子の入れ物)」 9320-15239(6445)、「新婚旅行」3500-5750(2000)、「新婦の結婚衣装」3459-7264(1935)、「花飾り付け・ブーケ類」1540-3280(892)、「新郎の衣装」1104-2648(555)


フェア・トレードの業績好調
「アルトロ・メルカート」の売上高15%増

イタリアの代表的なフェア・トレードのNPO「アルトロ・メルカートAltromercato(もう一つのマーケットの意味)」がこのほど2009年期の業績を発表した。同NPOはイタリア全国各地に350の店舗を持ち、125の共同組合、会員数8千名、ボランタリー2万名を擁し、売上高は前年比15%増で9000万ユーロに達した。販売チャネルは、80%が直営店舗で20%は一般の大型スーパーなど。

「フェア・トレード」は、第三世界で働く人たちから直接商品を購入し、市民に販売することで生産者の自立を助ける仕組みをつくり、取引を継続することで仕組みを育てていく運動体。

アルトロ・メルカートでは2011年6月までに、ミラノのブレラ地区やローマのリペッタ通りなどの中心地をはじめ、トレント、トリノ、アスティ、ボローニャ、ナポリ、カターニア、パレルモなどに合計15の新店舗の開店を予定している。投資額は80万ユーロ。

TOP


ご質問・ご意見は/e-mail:jdesk@japanitaly.com
www.japanitaly.com
(C)JAPANITALY.COM S.r.l-Milano All right reserved.
0 イタリア主要都市のホテル予約