JAPAN-ITALY Business On-line
0 BUSINESS ON-LINEITALY NEWS

NEWS FLASH

2009/11/30

経済金融産業動向社会・ライフスタイルBACK NUMBER

金融経済 EC0NOMY


イタリアGDP 15ケ月ぶりにプラス成長
第三四半期 0.6%増でEU平均を上回る  

ISTATが11月中旬に発表した速報によると、2009年第三四半期のイタリアGDPは前期比「+0.6%」で5四半期、15ケ月ぶりにプラス成長を記録した。

EU主要諸国の第三四半期のGDPは、ドイツ「+0.7%」フランス「+0.3%」とプラス成長を示した一方、スペイン(「-0.7%」)と英国(「-0.4%」)はマイナスでまだ回復の兆しが現れていない。なお、イタリアの値「+0.6%」は、ユーロ圏諸国における同期の平均成長率は「+0.4%」EU諸国「+0.2%」を上回る値となる。

なお同速報では、仮に10月から12月の第四四半期のGDPが成長率ゼロであると、年間成長率は、「-4.8%」となるとしている。


TOP
産業動向 INDUSTRY


10月の失業率8%に:2004年3月以降最高値
若年層は26.9%と悪化の一途


ISTATのデータによると、10月末現在のイタリアの失業者数は2百万4千名で、9月末に比べ3万9千名増加(+2%)、2008年10月に比べ、23万6千名増加(+13.4%)し、失業率は8%となり2004年3月以降、最も高い値を記録した。男性の失業率は6.9%で女性は9.5%と男女差が著しい。
なお、同月現在のEU諸国の平均失業率は9.3%、ユーロ圏の場合は9.8%。

とりわけ深刻なのが若年層の失業率で26.9%にのぼり、前年同月比+4.5%と悪化の一途をたどっている。


クリスマス商戦予測:前年比微増
プレゼントの予算は210ユーロ


全国商業者連盟Confcommercio調査部がこのほど発表した「クリスマス商戦予想」では、各世帯におけるクリスマス関連出費の平均額は1270ユーロで、前年比0.6%増。市場規模は総額で310億ユーロ程度となる見込み。 今年のクリスマス・プレゼントの予算は、平均210ユーロで、2008年の190ユーロに比べ20ユーロアップしている。
2009-2010年年末年始の旅行に関しては、外国人旅行者の人数は前年比1.4%減、イタリア人旅行者の数は1%減とツアーオペレータ協会では予測を行っている。

なお、Findomestic  Bancaが全国1500人を対象に「経済危機」に関してインタビュー調査を実施した結果によると、回答者の40%が「危機はまだ道半ば」、40%が「危機はまだ終わっていない」、20%が「回復が近い」と答えている。

社会・ライフスタイル LIFESTYLE


CENSIS社会動向レポート
経済危機と家計費不足の補い方

イタリア社会動向を分析する毎年恒例のCENSISレポートがこのほど発表された。 第43回となる今年のレポートでは、特に経済不況と家計に関する分析が行われた。

それによると、毎月の給与所得で家計出費をまかなうことのできた世帯はイタリア全体の71.5%。イタリア北部では78.9%、南部では63.5%と南北格差がここでも顕著となっている。

家計費が不足する場合はどのように捻出するか(複数回答)については、第1位「貯蓄かを使う」41.0% 第2位「副業」25.4% 第3位「クレジットカード使用」22.2%、第4位「親類や友人から借りる」10.5%、第5位「金融機関・銀行から借りる」8.9%、第6位「つけで購入できる店で買い物をする」5.1%。 

経済危機がストレスとなり不眠や口論等の問題を起こしたという者が全体の36%に達し、特に低所得層では、その値は53%にのぼっている。


消費者意識調査:
最大の社会問題は「雇用」
個人生活は85%以上が「幸せ」

社会調査機関IPSOSが日刊経済金融新聞Il Sole 24 Ore の委嘱で行った消費者意識調査結果が発表された。
これによると、現在、イタリア社会が抱える最も深刻で緊急な問題としては、「雇用・労働問題」が70%で圧倒的な第1位となった。2位は「経済・経済成長」30%、第3位「政治情勢」、第4位「犯罪」20%、第5位「医療」17%、第6位「マヒ状態の司法・裁判」11%、第7位「移民」8%、第8位「生活費」7%、第9位「若者」7%、10位「財政赤字」6%。

一方、個人生活の幸せ度については、「とても幸せ」45% 「十分幸せ」40% 「あまり幸せでない」11% 「まったく幸せでない」3% 「わからない」1%。 85%が[幸せ]と回答し極めて肯定的な答えとなっている。その理由としては、「家族」67%、「愛情」28%、「友人」27%が上げられている。

TOP


ご質問・ご意見は/e-mail:jdesk@japanitaly.com
www.japanitaly.com
(C)JAPANITALY.COM S.r.l-Milano All right reserved.
0 イタリア主要都市のホテル予約