JAPAN-ITALY Business On-line
0 BUSINESS ON-LINEITALY NEWS

NEWS

2002/01/20

経済金融産業動向社会・ライフスタイルBACK NUMBER

金融経済 EC0NOMY


2002年度財政法、成立

審議が続いていた2002年度財政法(Finanziaria)が12月22日、上院で賛成163票、反 対72票で承認され成立した。予算総額175億5千万ユーロで、来年1月1日より施行され る。

主な内容は次の通り。

年金最低支給額の引き上げ 
年齢70歳以上(重度の身体障害者は60歳以上)、年間所得13百万リラ未満の年金生活 者に対し、年金支給額を月額1百万リラに引き上げる。

扶養家族控除 
年間所得70百万リラ(3615ユーロ)未満で子供が1名いる家庭、同80百万リラ(4131 ユーロ)未満で子供が2名いる家庭、同90百万リラ(4648ユーロ)未満で子供が3名い る家庭、子供が4名以上いるすべての家庭を対象に、扶養家族税額控除を現行の540,000 リラ程度から、1百万リラに引き上げる。

所得税率の凍結 
2001年財政法により来年1月からの税率引き下げが予定されていた所得税(IRPEF)は 、これを見直して現行税率を引き続き適用する。

住宅リフォーム減税の延長 
リフォーム費用の所得控除(総額の36%を10年間にわたり所得控除)、リフォーム関 連資材に対する付加価値税(IVA)の低減税率10%を柱とする住宅リフォーム減税の 適用期間を2002年末まで延長する。

不動産付加価値税(INVIM)の廃止前倒し
当初の予定を1年早め、INVIMを来年1月1日より廃止する。

閣僚に対する歳費の削減 
閣僚に対する歳費を10%削減する。

公営エネルギー事業等の分割民営化 
電気、ガス、水道の公営事業について、インフラ部門とサービス部門に分割。インフラ 部門は公営事業として存続し、サービス部門は民間企業に委託する。

公務員の採用凍結 
2002年度の公務員新規採用を原則として凍結する

TOP
産業動向 INDUSTRY


メンズファッション売上高 2002年は前年比2.5%増
アメリカ市場の動向に注目

フィレンツエのPITTI UOMO, ミラノのMILANO MODA UOMO(メンズのミラノコレクション)と新年早々、恒例の紳士物ファッションイベントがあいついで開催される中、イタリアのメンズファッション業界の動向が発表された。

発表によると、メンズ用布帛、ニット、シャツ、ネクタイ、靴下などメンズ用ファッション部門の2001年の売上総額は、80億ユーロで、このうち45億ユーロは輸出にむけられている。従事する企業数は3000企業で、従業員数は総計で13万人。

2001年の同部門のイタリア国内市場は非常に厳しく、 調査機関Sita Nielsen の調べでは春夏用ファッションでは前年比5.8%減、秋冬で同2%減を記録した。国内の需要不振を救ったのが国際市場であり、2001年1月―9月までの期間について、輸出は前年同期比13%増に至っている。特に、英国は前年比18.2%、フランスが14.4%、ドイツが12.4%とヨーロッパ勢が好調だった。一方、米国は、前年比3.6%増と、1月-9月期について、すでに減速が著しかった。

2002年の動向予測としては、売上量では、前年比0.5%増、売上額で、2.5%増と推定されているが、イタリアのメンズファッション輸出先の16%を占めるアメリカの動向が大きなカギをにぎるとみられている。

イタリア繊維アパレル 20年間の世界輸出シェアの推移
アパレルは半減、繊維は7.6%を維持

WTO(世界貿易機構)の調べでは、イタリアの2000年のアパレル製品輸出額は132億ドル。1980年には世界の輸出全体の11.3%のシェアを占めていたが、2000年には6.6%に縮小している。一方、中国は1980年には4%のシェアが2000年には18.1%に増加し、額で360億ドル、世界一位となっている。なお、イタリアは20年前と同様世界ランキングでは2位であるが、20年前には、香港が1位であった。

一方、繊維の分野では、イタリアの2000年輸出額は120億ドル、世界のシェアは1980年には7.6%のシェアで、その後90年代には9.1%までシェアを伸ばしたものの現在は20年前と同様の7.6%となっている。中国は、20年前には、4.6%だったものが、現在は10.2%と倍増し、輸出額は、161億ドル。繊維の輸出額でも世界一の座を獲得している。

ヨーロッパ諸国のこの20年間の推移をみると、フランスは、アパレルでは5.7%から2.7%、繊維では6.2%から4.3%へ減少。ドイツは、アパレルは7.1%から3.4%へ、繊維は11.4%から7%と減少している。

アジア勢やトルコ、メキシコなど新興繊維国の押し上げも強く、イタリアの繊維アパレル業界は、これまでにもまして、世界市場のハイレベルの層を狙ったものづくりとマーケティングが必至となっている。

TOP
社会・ライフスタイル LIFESTYLE


ユーロ暮らし  

ユーロ(イタリアでは「エウロ」と発音)が導入されて、半月がたった。硬貨は、すでに昨年年末に銀行・郵便局で入手できたが、紙幣は今年から。大晦日から元日になった直後、都市のキャッシュ引き出し機はユーロに移行、早く紙幣を手に入れたい人たちが殺到して、混乱したところもある。年末年始のバカンスから戻る人たちで混雑した高速道路の料金所も、大渋滞をつくる騒ぎになったが、今のところ、一般の人にとっては、特に大きな混乱もないようだ。ただ銀行と郵便局は、いまだ通常以上に混んでいて足が遠のく。

二月いっぱいまでは、リラとユーロの二本立てで、商店でも、払う前に「ユーロ?リラ?」と聞いてくる。ユーロの支払いのときは、お店の人も客もまだやや慎重。特に、お店の人は、ちゃんとおつりに客が納得してくれるか、じっとこちらの反応を待っている。チェンテージモ(百分の1ユーロ)がまちがえやすい。バーゲンセールのシーズンが始まった今は、元の値段、値下がり後の値段がリラ、ユーロの両方で書かれている。イタリアでは、クレジットカードの他に、小切手(特に大きな買い物の場合)、キャッシュカード(ふつうの商店、スーパーでも)での買い物が普及しているから、現金を使わないでもすむ場合も多い。

一方、ユーロへの移行で、価格の端数が切り上げされて、新聞、コーヒーなど、さまざまな日常品の値段があがった。偽札もすでに登場したが、まだ粗雑なつくりだとのこと。

 

水不足の冬

今年に入って以来、毎日晴天のすばらしい日々が続いている。気温は低いが抜けるような真っ青な空は、冬の憂鬱感を吹き飛ばしてくれる。北イタリアの長い冬を過ごす身には、この上なくありがたいことなのだが、実はその北イタリアで、この天候が問題になっている。温度は北部各地で、最低マイナス6〜マイナス4度程度、最高4〜8度ぐらいだが、雨がまったく降っていない。

ピエモンテ地方では、すでに水不足の問題が生じている。トレンティーノ地方でも、もう45日以上も雨が降っていない。フリウーリ地方でも、2001年の11〜12月の降水量は、2000年の同じ時期の、なんと十分の一(350ミリに対してたった35ミリ)。毎年、初冬の大雨の季節には、氾濫の心配されるポー川も、今は一部の水位が、海抜下3メートル11センチにまで下がり、川床の見える状態。北部の多くの湖水地でも、がくんと水位が下がっている。また乾燥した気候のため、リグーリア、ピエモンテ、ヴェネト、トレンティーノ、ロンバルディーアで、もう三週間も森林の火事(原因は放火と思われる)があとを絶たない。

スキー場も大きな打撃を受けている。一月は、もともと乾燥しやすく、雪も降りにくいということだが、今年はまったく雪が降らず、人工雪でスキー客をもてなしているのだが、コストがかかる上、レジャー客の満足度も、もうひとつ。一方、中部南イタリアでは、寒波の影響で農産物の値段が上がっている。







 

TOP
経済金融産業動向社会・ライフスタイルBACK NUMBER



ご質問・ご意見は/e-mail:jdesk@japanitaly.com
www.japanitaly.com
(C)JAPANITALY.COM S.r.l-Milano All right reserved.