JAPAN-ITALY Business On-line
0 BUSINESS ON-LINEITALY NEWS

COFFEE

2010/12/31

HOTなエスプレッソITALY WEB SITE編集BACK NUMBER

HOTなエスプレッソ 



田中ちひろ

京都生まれ、91年よりミラノ在住。三井住友保険会社ミラノ支店勤務の一方で、日本、イタリア、フランス等各国で 異文化間マネージジメント、コミュニケーション、NLPセミナー・トレーニングを行っている(www.global-excell.com)。執筆は「ストレスは捨てられる」(中経出版)、「普段着のミラノ案内(晶文社)」をはじめ各種新聞雑誌コラム等多数。

 

2010/11/30

60. お隣さんの死

先日お隣の老夫婦の奥様が亡くなった。
今の家に引っ越してきてから4年半、仕事をしている私と時間帯が違うため それほど頻繁に顔を会わせる事はなかったとはいうものの 同じ階に2軒しかないうちのもう1軒に住むご夫婦は私にとって唯一のお隣さんだった。

引越しの挨拶をしてまもなく、癌で倒れた奥様は 何度かの手術やつらい治療にも耐え いつも笑顔を絶やさない人だった。
クリスマスのころになると クリスマスのリースを自分のドアに飾るついでに いつも私のドアにも飾ってくれたり、 電気の点検などが各家に回る通知が来ると 「よかったら、自分たちが立ち会ってあげようか」と 私が仕事からわざわざもどってこなくてもいいように 声をかけてくれたりするのだった。

そんなご夫婦の優しさにほとんどお返しできなかった私だけれど 1,2週間見かけない日が続くと 隣のベルを鳴らした。 元気なときは リビングで昔話を聞かせてくれる。 調子の悪いときはベッドに横たわりながらも 私の話を聞きたがった。

「僕が元気でよかった」と献身的に尽くすご主人に支えられて歩く奥様に 「こんな献身的なだんな様がいるなんて あなたは世界で一番幸せね」と言うたびに ふたりして ほほを染めてテレてしまうそんなほほえましい姿が 今もまだ心をやさしくする。

死は突然にやってきた。
火曜日の朝、建物の入り口でいきなり見つけたお葬式の印。 信じられない思いで引き返し お隣のベルを鳴らすと 目を真っ赤に腫らしたご主人がいた。
抱きしめるしかできない私に 「彼女にあってほしい」と一言。

薄く化粧を施した姿で いつものベッドに横たわる彼女。 人は亡くなると、どうしてこんなに小さく見えるんだろう。 柔和な表情と胸のところで組んだ細い両手にロザリオが 窓からさす光に浮かんで見えた。

「これが人生というもの」 そうつぶやくご主人に どんな言葉もなんの役にも立たない瞬間、手を握って離さないご主人の手を 強く握り返してあげるしか そのときの私にはできなかった。
誰もが必ずいつか行き着くその瞬間を 明日かも知らないそのときを 私はどのように迎えるのだろう。

奥様のように柔和な表情で迎えることができるのだろうか?
そのために 今のこの一瞬一瞬を 人との出会いや 人生の美しさを 大切にできているだろうか?

使い古された質問ではあっても 問いかけすぎることだけは決してない
そんな質問が今もこだましている。

残り少ない2010年が そして新しく訪れる2011年の一瞬一瞬が 皆さんにとって素晴らしい時間でありますように。

BUON NATALE!
e
FELICE ANNO NUOVO!  

 


2010/12/31

ITALY WEB SITE 
英語で楽しめるイタリアの注目WEBサイトの紹介


「システィーナ礼拝堂」バーチャル・ツアー 公式サイト
http://www.vatican.va

ローマに来る観光客が一番訪れるのが、サン・ピエトロ大聖堂とヴァティカン博物館。その中でも圧倒的人気を誇るのシスティーナ礼拝堂内部を高解像度画像で堪能し、ミケランジェロ制作「最後の審判」の劇的迫力を堪能することができる。





2010/12/31
編集後記
ああ、イタリアの「締切」「支払」事情


12月20日の夕方、寒波到来で大変な寒さの中、最寄の地下鉄駅そばのマクドナルドの前を通ると、リニュアーアル工事をしていて閉店中だ。張り紙をみると、「12月20日まで内部改装につきクローズします」とある。 中をのぞくと、大がかりな工事のさなかのような模様でとても工事最終日とは思えない。翌日21日、また前を通ると、店の前にも工事資材はおいてあるし、まだまだ工事は途中という感じだ。クリスマス前のこの時期は、家族連れや若い人などお客が増えファーストフード店にとってはかきいれどきのはず。おせっかいなことだけど、1日再開が遅れるとそれだけ売上がパーになってしまうわけで、どれだけ減収なのかしらと思ってしまう。

その帰り、近くに引っ越してくる予定の知人に路上であう。11月中旬に転居の予定ときいていたが、遅れていたようで心配していた。一昨日、引っ越しをしていたので、「よかったわね、とうとう引越しが終わって。でも寒い中大変だったわね」というと、疲れ切った顔で「それが、家が完成していなくてまだ移れないんだ」とのこと。「え?でも、キッチンも運んでいたようだけど」というと、「キッチンの水回り工事もできていないし、ほかにもやり残しが沢山」。思わず、「クリスマスまでに入居できるの?」と尋ねそうになったが、言葉を飲み込んだ。核心に触れすぎていて聞いてはいけないような気がしたからだ。
世界を制覇しているマクドナルドのような多国籍企業でもイタリアにあっては、店舗リニューアルのスケジューリングもうまくいかないのだ。いわんや、一市民においてはというところだろうか。

遅れるのは仕事の納期だけではない。支払いサイトも遅いのがイタリアだ。11月末にCribis D&Bという調査機関が発表した「企業の支払い時期についての調査」によると、支払を約束した日付までに支払を行う企業は全体の39%とでていた。全体の50.9%の企業は事前に定めた日から1日か30日の遅れで支払うとあった。  ただし、これで驚いていてはならない。事情が深刻なのは、地方自治体から仕事を委嘱されている民間企業への支払いの遅れである。経済団体の調べでは、イタリアの地方自治体から公共事業など実施企業に対する支払い平均日数は128日で、EU諸国平均の65日の2倍以上であり、EU全メンバーの中で「ワースト1」を誇っている。リーマンショック後の金融危機の影響も受けて、その日数は長くなるばかり。企業側が下請け企業に支払う時期も平均88日という。

事態はシリヤスながら、イタリア政府もどこも本気で取り組む気配は皆無にみえた。そんな折り、救世主が現れた。EUのヨーロッパ議会である。地方自治体から民間企業への支払いサイトを30日以内と制定した(なお「保健・医療」分野については例外として60日以内)。それを上回る場合は遅れ分は、自動的に利子を8%アップする法律を2010年10月21日に決議してしまった。さらに、EU各国は24ケ月以内にこの法律を批准することも義務付けた。

驚くほど反応の早かったのは、イタリア議会で12月に入りさっさと批准し、12月中旬の官報に掲載された。180日後の2011年6月9日からイタリアでもこの法律が施行されることになる。これまでの累積された巨額の未払金はどのような取扱いを受けるのだろうか? 法律一つで奇跡を起こせるのだろうか。実際問題どんな展開をみせるのか皆目見当はつかない。これも、「出たとこ勝負」で突き進むのだろうか。このニュース記事には「ヨーロッパのおかげ」と大文字で書いてあった。イタリア式悪習。その解決には今回も、「ヨーロッパ」という外圧の力を借りるしかなかったようだ。


2010年12月31日
JIBO編集室
大島悦子 (Etsuko Oshima)


TOP

ご質問・ご意見は/e-mail:jdesk@japanitaly.com
www.japanitaly.com
(C)Japan Plus Italy Co.,Ltd All right reserved.