JAPAN-ITALY Business On-line
0 BUSINESS ON-LINEITALY NEWS

COFFEE

2010/3/31

HOTなエスプレッソITALY WEB SITE編集BACK NUMBER

HOTなエスプレッソ 



田中ちひろ

京都生まれ、91年よりミラノ在住。三井住友保険会社ミラノ支店勤務の一方で、日本、イタリア、フランス等各国で 異文化間マネージジメント、コミュニケーション、NLPセミナー・トレーニングを行っている(www.global-excell.com)。執筆は「ストレスは捨てられる」(中経出版)、「普段着のミラノ案内(晶文社)」をはじめ各種新聞雑誌コラム等多数。

 

2010/3/31

58. 「南アフリカ」

ワールドカップまで後2ヶ月ちょっと。
4年に一度のこのイベントの舞台が 今年は南アフリカということもあってなにかと人々の関心が南アフリカに向いている。

南アフリカといえば、忘れられない友人がいる。
今から8年前 アメリカで一緒に勉強した仲間の一人だ。

彼の小さい頃からの夢は 医者になることだった。
ただ、その夢への道のりは 想像を絶するほど大変なものだった。
というのも、彼の育った時代は まだアパルトヘイトの時代そして彼の肌の色は黒かったからだ。

「黒人は医者になんかなれない」
「黒人は大学にすらいけない」
いつもそういわれ続けたという。
学生時代には牢屋に放り込まれたことも何度もあるという。
それでも、彼は夢をあきらめなかった。
そして 彼は夢を実現した。

南アフリカといえば 他にも思い出す人がいる。
両足義足で 世界陸上大会で走ったピストイアス選手北京オリンピックに南ア代表として出場した 片足の水泳の選手(女性)
そして あのネルソン・マンデラ

普通のひとが「ダメだとあきらめてしまう」ことを あきらめないでやってしまう人がもしかしたら南アには多いのではないか?
そういう何かが あの国にはあるのではないか?

1954年のRoger Bannisterの世界記録を思い出す。(1マイルを4分以内で走った初めての陸上の選手)
それまで 1マイルを4分以内で走ることは 科学的に人間には不可能だと信じられていて、何十年もの間、実際にその壁を破る人は出なかった。 ところが、Bannisterが記録を破ったその後の1ヶ月以内に100人近い人が4分の壁を切っている。。。

南アフリカには ふつうの国でふつうの人たちが ダメだと思ってあきらめてしまうことを やってしまった人が周りに実はいっぱいいるのではないか?
そういう人の割合が 他の国より多いのではないか。。。

今月またいい映画を見た。
クリント イーストウッド監督の最新作「インビクタス」
南アフリカが舞台

できれば皆さんにもぜひ見てほしいので ここでは敢えてあらすじは書かないが南アフリカの、そんな何か熱いものを伝えてくれる感動的な映画だった。

誰にだって やっぱりダメだと あきらめそうになることはある。
無理だよと 人に言われることもあるかもしれない。
でも、そんなときは あきらめる前に 既にそれを実現してしまった人を捜せばいい。
そうすれば きっと道が開けるはずだ。

「インビクタス」の映画が終わった後、映画館の中では 人々の割れるような拍手が いつまでも鳴り止まなかった。  
 


2010/3/31

ITALY WEB SITE 
英語で楽しめるイタリアの注目WEBサイトの紹介


創立150周年のカンパリ社の公式サイト
www.camparigroup.com

色は赤く苦みがあって甘いリキュール「カンパリ・ソーダ」で知られるカンパリ社がトリノに生まれたのは1860年。今年150周年を迎える 同社グループの150年間の歴史、特に個性的な広告デザインの変遷を紹介する興味深いサイト。





2010/3/31
編集後記
グーグル社とイタリア政府の画期的プロジェクト 
国立図書館の歴史的書籍がオンラインに


グーグルというと、昨今は中国との対決姿勢の話題が賑わせているが、ここイタリアでは反対に、3月中旬, イタリア文化財省とグーグル社間の画期的な協力プロジェクトの調印が行われた。

グーグル側が「デジタル・ルネッサンス」と名づけたこのプロジェクトは、イタリア政府がローマとフィレンツエの国立図書館所蔵の歴史的書籍約100万冊のコンテンツのデジタル化権をグーグルに無償で提供するというものだ。これによりダンテの古い研究文献やガリレオの作品、あるいは啓蒙主義時代の科学図書など歴史的に極めて貴重な図書がグーグル社の費用でデジタル化され「Google Books」のネットワークに挿入されることになる。対象図書のカタログ化から選別、スキャンなどオンライン化の準備のためイタリア国内に準備室を設けられ、プロジェクトの完了までに100人のスタッフで約2年間かかる予定。作業はすべてイタリア国内で行われるため貴重な書籍が国外にでることはないとのこと。

このプロジェクトのイタリア側責任者であるイタリア文化財相は「イタリアの文化・歴史資産を世界中の研究者に公開・普及できる画期的プロジェクト」と自画自賛。

といって、これほど貴重な文化遺産を無償で民間企業に提供することに対しイタリアだけでなく米国の出版界や研究者の間からも反論があり、調整は容易でなかったようだ。結局、デジタル化する図書は、著作権のないもの、権利が国や公的機関に所属するものに限定することとなった。またデジタル化された図書情報はグーグルが独占権を持つものではなく、フィレンツエとローマの図書館にもそのオリジナルコピーが供与され、独自の活用が可能でたとえばヨーロッパ図書館連盟のEuropeanaなど、別の図書情報ネットワークに挿入することもできることになった。 

グーグル社は、世界中の図書館との間で所蔵書籍のデジタルオンライン化事業を進めており、すでに、世界40以上の代表的な図書館と協力提携をかわしているが、国と直接提携したのはイタリアが始めてという。これまで提携したのは英語圏の図書館が大半の中で、ローマやフィレンツエの歴史図書が加わることは、グーグルの本プロジェクトの「華」となりネットワークのイメージと価値を大きく高めることになる。そのため、同社の意気込みと熱意は並大抵のものではなく、上記の条件を呑んでも、「デジタル・ルネッサンス」を実現を望んだのだろう。

私はこのニュースを知って、一瞬、正直、「え?」と当惑した。 そんなことしていいの、大事なものなのにと。でも、図書館の奥に眠っていてほとんど日の目を見ないより、イタリアの財産であるこれらの図書がインターネットによって多くの人が活用できるようになるとしたら、これは極めてポジティブなことではないかと思い直した。文化財省のボンディ大臣。普段は、ベルルスコーニ首相の腰巾着みたいで気に食わない政治家だが、この日だけは、ヤルじゃないと見直した。 いずれにしても、二つの図書館の書籍を一部開放したとしても、全国各地に文化・歴史的資産が整理もできないほど膨大にある国なのだから、こちらで余計な心配をする必要はなさそうだ。


2010年3月31日
JIBO編集室
大島悦子 (Etsuko Oshima)


TOP

ご質問・ご意見は/e-mail:jdesk@japanitaly.com
www.japanitaly.com
(C)Japan Plus Italy Co.,Ltd All right reserved.