JAPAN-ITALY Business On-line
0 BUSINESS ON-LINEITALY NEWS

COFFEE

2007/7/31

HOTなエスプレッソITALY WEB SITE編集BACK NUMBER

HOTなエスプレッソ 



田中ちひろ

京都生まれ 大阪外国語大学イタリア語科卒業、88年イタリアのシエナに留学。91年よりミラノ在住。 著書「普段着のミラノ案内」(晶文社)をはじめ、新聞、雑誌、インターネットサイト等に執筆。三井住友海上ミラノオフィス勤務。 

 

2007/4/30

50. 「オステオパシー」

一ヶ月前くらいからオステオパシー(OSTEOPATIA)と呼ばれるものに通うことになった。
一年前に巻き込まれた電車の事故の後遺症で手足がしびれるのをなんとかしたいと総合病院の整形外科で訴えたら、先生がぜひ試してみなさいと薦めてくれたのだ。
舌をかみそうなこの名前、実は全くどんなものか見当すらつかなかった私だが、なんとなく名前の響きから 自然や身体と心の調和を大切にする、東洋医学の要素をたぶんに持ち合わせた、そんなイタリアで最近流行の治療法を想像した。

友人のつてでアポを入れたのがちょっと町外れの学校兼クリニック。
オステオパシーのドクターになるためには最低5年間学校に通わなくてはならないが、そのクリニックは5年間の勉強を終えて、資格を取るための試験を受ける直前の生徒たちが実習を兼ねて患者に接する。
患者はある意味で実験台だが、当然のことながら助手、資格を持ったドクター、先生なんかが必ず同席するから、彼らの真剣さといえば半端ではない。
最初の日は約1時間半かけてありとあらゆる身体のチェックをし、カルテを記入していく生徒たち。その間にも厳しい助手と先生のチェックや質問が入り、患者のどこに治さなくてはいけないものを見つけたか、それはなぜで、では具体的にどういう治療をするのかを先生が質問し、生徒がそれに答えていく。「生徒に見てもらうなんて大丈夫かな」とちょっとはじめは不安だった私も、こんなに真剣にそして丁寧に診察してもらったことはこれが始めだったし、すべてにおいて細かい説明が聞けるので まもなく安心する気持ちのほうが大きくなった。

イタリアではオステオパシーより普及しているものにフィジオセラピーというのがある。これは痛いところにレーザーをあてたり、マッサージをして筋肉をほぐしたり、症状が鞭うちだったりすると首の牽引をやったりと、日本の整形外科でもおなじみのもの。それに対してオステオパシーというのはちょっと違う。
なんでも90年代後半にアメリカ人によって考案された治療法で、西洋にありがちな”悪いところだけをみてそれを取り除く”タイプの治療ではなくて、身体全体に自然のバランスを取り戻させることによって、身体全体の中の自然治癒力を促進させ、頭痛や内臓の異常や身体の痛みをとっていくという、そういう意味では東洋医学に近い発想がある。
が、その一方で 針やお灸のように身体のつぼみたいなものをつかうのかなと思ったらそうでもない、ちょっと不思議な治療なのだ。
具体的に繰り返し繰り返しさせられるのが まっすぐ立ったり座ったりした状態で身体のゆがみを調べること、腕や足やいろんなところを動かしてみて骨や筋肉がその動きに正しくついていくか、正しい動きをするか、また身体のどこかを押さえてみたりして ほかの部分が本来健康状態のときにすべき反応をするかどうか.......そんなことをかなり細かく見ていくのだ。

手足のしびれもさることながら、事故で肋骨を折った私の場合はそこを守るため筋肉がその周辺だけ硬くなり、周りの筋肉や筋はそれをもとに新たなシステムというか発達の仕方をすでに作り上げていて、でもそれが今度は内臓や腰に負担をかけているとか....
そんな診断のもと、マッサージやかばんの持ち方を変えるようにというアドバイスや骨をボキボキッって鳴らして整えたり..... 
科学的な薬や手術などは一切行わない治療法だが、少なくとも私にはすぐに効果が現れてくれて 今のところ結構気に入っている。

イタリアでも最近は自然の力をできるだけ利用しての治療法、自然治癒力、身体のバランスということに人々の関心が集まっている。
ひょんなことで知ったこのクリニックだが、姿勢や体調のコントロールをかねて 運動不足なひとが 一年に数回通ったりする、つまり予防の意味もあるというオステオパシー。
治療が終わった後も時々いくことになるのかなぁなんて思い始めている今日この頃だ。

 


2007/7/31

ITALY WEB SITE 
英語で楽しめるイタリアの注目WEBサイトの紹介


ミラノ市の万博「EXPO2015」開催都市立候補サイト
http://www.milanoexpo-2015.com/

2015 Expo : Italia ・ Milano Candidate City
レティツィア・モラッティ女性市長の陣頭指揮のもと、2015年の「EXPO2015」開催都市の正式立候補都市と決まったミラノ市の紹介サイト。イタリアとミラノのプレゼンテーションビデオも楽しめる。


2007/7/31
編集後記
- 夏のミラノは「メンテ」の季節 -

7月に入るとミラノはめっきり静かになる。ミラネーゼ達がミラノからいなくなるからだ。
市内のバスや地下鉄に乗っても、いろんな国籍の移民の人たちの割合がぐんと大きくなる。
イタリアは6月中旬に学校が休みになると、9月初旬の新学期の始まりまで、3ケ月近い夏バカンスシーズンに入る。子供たちはキャンプや海、山のセカンドハウス、あるいは田舎の親戚の家へとどんどん出かけてしまう。まだ仕事のある大人たちも、週末は海や山へとミラノを逃げ出す人が多くなる。そして7月末になり、大人たちが本気で平均3週間の夏休みをとりだすと、ミラノの町中、すっかりバカンス体制となる。

私の仕事場の下にあるバールにも「8月1日から休業」の告知がはってある。街を歩いていると所々で「Chiuso per ferie」(夏休みにつき閉店)という張り紙が目に入る。キオスク(新聞販売店)も順番に夏休みをとる。街角のお店も、美容院も、そしてレストランも多くが「夏季休暇」に突入し、再開するのは8月第4週ごろからだ。もちろん、スーパーマーケットは常時営業しているので食料品や日常雑貨の確保に困ることはない。とはいえ、日常生活に様々な不便が生じるのは事実。そこでミラノ市ではミラノに残る人々のために8月に営業している店や薬局、サービス業、さらに各種イベント等の情報を網羅した「Milano Aperta d’Agosto」(8月でもオープンしているミラノ)という部厚いガイドブックを毎夏製作し市民に無料配布している。近年はインターネットでの検索もできるので、8月のミラノライフの「命綱」の役割も果たしているともいえよう。

街から住民の少なくなるこの時期は、公共工事や家や店舗の改造・リフォームなど、いわば「メンテナンス」(保守)の時期でもある。道を歩いていると道路工事や水道管整備やらなにやら、猛暑の中汗して働く人が多い。思わず、「ご苦労様」といいたくなる。また私の住む建物でも2つの家が内部全面改装中で毎日作業員がセメントをこねたりしている。近くにある最近閉店してしまった店舗も、新たな借り手がみつかったようで内部を全部壊して新店舗を準備している様子が外からもみえる。どれも、9月からの新シーズンに備えて体制整備ということなのだろう。

ところで私は毎週3回、近くのスポーツクラブに通って、プールで泳ぐのが日課になっている。ミラノの猛暑に根を上げて、知人の山小屋に4-5日間避暑にいってミラノに戻り、1週間ぶりにスポーツクラブに行ってみるとプールは8月末まで「修理のためクローズ」とのこと。他人事と思ってよくできたメカニズムなどと感心していた「メンテの季節」、こちらにも影響がでてきてしまった。やはり、夏のミラノは逃げ出したほうがいいようだ。


2007年7月31日
JIBO編集室
大島悦子

8月はJIBO編集室も夏休みとさせていただきます。
お元気でこの夏をお過ごしください。Buone Vacanze !


TOP

ご質問・ご意見は/e-mail:jdesk@japanitaly.com
www.japanitaly.com
(C)Japan Plus Italy Co.,Ltd All right reserved.