JAPAN-ITALY Business On-line
0 BUSINESS ON-LINEITALY NEWS

COFFEE

2007/1/31

HOTなエスプレッソITALY WEB SITE編集BACK NUMBER

HOTなエスプレッソ 



田中ちひろ

京都生まれ 大阪外国語大学イタリア語科卒業、88年イタリアのシエナに留学。91年よりミラノ在住。 著書「普段着のミラノ案内」(晶文社)をはじめ、新聞、雑誌、インターネットサイト等に執筆。三井住友海上ミラノオフィス勤務。 

 

49. 「バレンタインデー」

つい先日、イタリアの有名なお菓子屋さんの小さな一角にバレンタインデー用のハート型のチョコレートをみつけて、日本の”バレンタインデー”を思い出した。
世界中から集められたチョコレートが所狭しと並ぶ日本のデパートや小売店。ミルクやダークチョコレートにトリュフ、ピスタチオなどのナッツ入りやオレンジの皮が入ったもの、シェリー、ブランデーなどの洋酒入り、バニラ、シナモンなどのスパイス、最近ではペペロンチーノ、ペパー入りなどとその種類は限りない。
さらには、日本ならではの美しいパッケージ、いろんな趣向を凝らした楽しいチョコレート....こちらでは見られないそういうバレンタインデーの光景が、人ごみもさりながら懐かしい。 

チョコレート発祥の地は古代アステカ文明(今の中南米)といわれている。
「滋養強壮効果のある神秘的な薬」としてカカオをすりつぶしたものが重宝されていたその地から ヨーロッパにカカオを伝えたのがスペイン人。
そのすりつぶしたカカオに脂肪分(ココアバター)と砂糖、粉乳を加えるとチョコレートができあがる。
その官能的な味覚は昔から多くの人、特に女性を魅惑し続け、聞くところによると世界にイタリアが誇るプレーボーイ、カサノバが女性を口説くときに使った武器、これがチョコレートだった。
そんなチョコレートが愛をたたえるバレンタインデーが繋がったのも不思議な縁だ。

そもそもバレンタインの由来はイタリアにある。のちに聖人となったバレンタイン、イタリア人なので本来はヴァレンティーノ神父はローマの少し北にあるテルニという町に住んでいた。貧しい人や困っている人を常に助け、その小さな町で生涯を終えたそのひとが後年、”愛の神父”と言われるようになったのは、彼こそがキリスト教とそうでない人との結婚を初めて祝福した神父だったからだという。彼が殉教したのが273年というから、時はまだキリスト教が認められていなかったローマ帝国時代。自らの命を懸けたその祝福、信仰の違いをこえてなにより愛を祝福したその神父をたたえるために、いまでも毎年テルニのバレンタインを祭る教会には2月14日に世界中から人が集まる。

ところで日本の「バレンタインデーは女性が意中の人に愛を告白する日」という感覚はイタリア人にはない。
愛を祝福する人いうことでバレンタインデーは愛する人、恋する人をただ純粋に祝福し、感謝する日とされている。
男女ともがチョコレートの限らず何かをちいさなプレゼントする。男性が女性にバラの花を送ったり、ちょっとおめかしして二人だけのディナーを演出したり、或いは遠く離れた人にそのひとが大切なことを伝える、そんな特別の日なのである。

愛を祝福することに意味があるわけだから、その対象は別に恋人同士でなくてもかまわない。大切な家族や親友、同性でも大切な人にその気持ちを伝える、つまりハッピー、バレンタイン!の挨拶はとっても明るくて単純なものなのだ。
忙しくてストレスの多い毎日、自分を大切に思ってくれている人がいることを思い出させてくれる優しい言葉は多くの人が今一番必要としていることなのかもしれない。
本来ならバレンタインデーではなく、毎日でも伝えたいその言葉を、せめてこの機会に伝えたい。

 


2007/1/31

ITALY WEB SITE 
英語で楽しめるイタリアの注目WEBサイトの紹介


PITTI IMMAGINE UOMO
http://www.pittimmagine.com/en/fiere/uomo/

イタリア最大のメンズ・アパレル見本市ピッティ・ウオーモの公式サイト。1月10日から13日までフィレンツエで開催された第71回バージョンには、861ブランド、723社が出展。会期中、国内をはじめ世界各国から26316名のバイヤーが訪れた。



2007/1/31
編集後記
- ミラノのオカリナ・コンサート - 

1月の中頃、自宅に遊びにきてくれたミラノ在住の友人が、夕食の後、ハンドバックから一枚のCDを取り出して、「明晩、この人のオカリナのコンサートがミラノであるんですって」と教えてくれたのが、きっかけだった。CDは「風に抱かれてー本谷美加子の四国巡礼」。
オカリナという名前こそ聞いたことはあったが、どんな楽器なのかもよく知らず、本谷 美加子(ホンヤ ミカコ)という名前も初耳。でも好奇心で早速そのCDを一緒に聴いたとたん、そのメロディと音色に強く惹かれてしまった。

「写真:本谷美加子事務所提供」

そして翌日の晩、ミラノのコンサルヴァトリオ、すなわちG・ヴェルディ音楽院にでかけた。
400名ほど入るサーラ・プッチーニは、開場の夜9時には満席。定刻通りに幕があくと、白っぽいドレスを着た小柄な日本女性が2人、楚々として舞台にたっている。
オカリナ奏者の本谷さんと伴奏のグランドハープの大村典子さんだ。日本からやってきた可憐なSignorineという最初のイメージが、演奏が始まったとたんガラリとかわる。小さなオカリナから発せられる音色の鮮明さと人の心を打つくっきりとしたメロディ、何よりも本谷さんのしなやかなダイナミズムに、会場全体がひきこまれていくのがひしひしと伝わってくる。

本谷さん作曲のオリジナル曲に加えて、日本民謡、アヴェマリアやアンデス民謡、ポピュラー、そして最後はフニクリ・フニクラなどナポリ民謡と、バラエティに富むプログラムを、大・中・小、何種類もの大きさのオカリナを使っての演奏。哀愁のこもった曲、じっくりときかせる曲もあれば、鳥のさえずりのような曲、アップテンポの曲もあって、オカリナというシンプルな楽器の持つ世界の深さを観客誰もが堪能した。大変な拍手の中、2人は4回も5回もアンコールにこたえてくれた。オカリナ奏者として日本の第一人者の本谷さんは、近年は四国八十八ヶ所の歩き遍路に挑み、「祈り」をテーマにした創作活動に取り組んでおられるようだ。その「祈り」の曲でスタートした彼女のはじめてのミラノ・コンサートは大成功だった。

今回知ったのだが、この細長い卵型の陶器製の笛、オカリナOcarinaの発祥はイタリア。ボローニャ県にあるブドゥーリオBudrioという小都市で、ジュセッペ・ドナティという人が1853年に発明したという。ブドゥーリオ市にはオカリナ博物館があり、同市ではオカリナ・フェスティバルも開催されている。イタリア生まれのオカリナが日本からきたオカリナ奏者の手によるコンサートでイタリアの人々にオカリナの魅力を改めて発信する。それこそ音楽がなしえる最高の交流だと思う。ただ、今回のコンサートで少し残念だったのは、コンサート観客はほぼ全員がイタリア人で、ミラノ在住の日本人の姿がほとんどみえなかったこと。唯一、会場にいらしたのがミラノ在住50年の彫刻家、吾妻兼治郎先生。「深く感動しました。本当に素晴らしい」と繰り返されていた。

今年の6月には、そのブドゥーリオで、本谷さんの「オカリナ里帰りコンサート」が予定されているという。今度はイタリア在住の多くの日本人の友人たちと一緒に応援にでかけて、至福のひとときを再びもちたい。
(本谷 美加子さんのサイトhttp://micacohonya.sakura.ne.jp/


2007年1月31日
JIBO編集室
大島悦子


TOP

HOTなエスプレッソITALY WEB SITEBACK NUMBER

ご質問・ご意見は/e-mail:jdesk@japanitaly.com
www.japanitaly.com
(C)Japan Plus Italy Co.,Ltd All right reserved.