JAPAN-ITALY Business On-line
0 BUSINESS ON-LINEITALY NEWS

COFFEE

2006/10/31

HOTなエスプレッソITALY WEB SITE編集BACK NUMBER

HOTなエスプレッソ 



田中ちひろ

京都生まれ 大阪外国語大学イタリア語科卒業、88年イタリアのシエナに留学。91年よりミラノ在住。 著書「普段着のミラノ案内」(晶文社)をはじめ、新聞、雑誌、インターネットサイト等に執筆。三井住友海上ミラノオフィス勤務。 

 

48. 「路上の写真展」

昨年に続き、ミラノの金融の中心コルドゥーシオ広場からスフォルツァ城を結ぶダンテ通り(Via Dante)で路上の写真展が始まった。
去年はインド、チベットそしてアフリカの人々の表情をうつした写真に ガンジーやダライ・ラマなど世の中にインスピレーションを投げかけた人々の語った言葉が添えられていたが、 今年のテーマは「イタリア」、空からのエモーションというイベント名だけあって、イタリアを空から撮った。
ユネスコの世界遺産を始め、イタリアが世界に誇るさまざまな美しい場所、文化的な建物、或いは日常当たり前になってしまっていた広場の写真.....そして写真の下にはそれぞれの歴史が記されている。
1,2時間ではとても全部見られないくらいずらりと並んだ大きな写真の数々を 今年も昼休みのミラノっ子たちは何日にも分けて鑑賞している。
説明を読まずにどこの写真か当てっこしたり、その中の何ケ所に行ったことがあるかを競ったりと楽しみ方はざまざまだが改めてその下の説明を読むと知らなかったことが意外と多い。

それにしてもイタリアは豊かだ。ユネスコの世界遺産は世界138カ国に830ケ所、そのうち文化遺産が644、そしてそのうちの41個がなんとイタリアにある。ローマやフィレンツェ旧市街、ベネチアのサンマルコ広場、ミラノの「最後の晩餐」とその教会、エトルリア時代の遺跡群、シチリアにあるギリシャ文明の遺跡.........自然遺産というより 人が残した文化遺産がほとんどだ。
もっとも41という数字はあくまでユネスコに指定された所だけの話で、実際にはその数百倍もの文化的遺産がイタリア中に点在する。
名もない小さな町の小さな広場や教会で息を呑むような美しさに出会うことはイタリアではごく普通のことなのだ。

この夏1週間シチリアを旅行した。かつて地中海の文化の十字路だったシチリアはギリシャ、ローマ、アラブ、ノルマンと数々の文化が通り過ぎ、それぞれがその文明と文化のすばらしさをなんらかのかたちで残こしていった。アテネのパルテノン神殿より保存状態のいいアグリジェントのギリシャ神殿、今でも夏になるとオペラが上演されるタオルミナのギリシャ劇場.....かつてそれだけの文化の高さや豊かさを享受したにもかかわらず、今のシチリアは放置され、荒れている。外国支配があまりにも長かったシチリアの特殊事情はともかくとして、それはすばらしい文化や遺跡が日常の景色になってしまうとき その価値が失われていくひとつの例なのかもしれなかった。

ところで 空中写真はおもしろい。最近ではインターネットでも手軽に空中写真が見られるようになったが、当たり前になってしまった場所が 空から見るというだけで全然違って見えるから面白い。
路上の写真展に写された町も きれいなレンガ色で統一された家々の屋根、外からは見えない中庭に隠された緑、夕日の光や海の青さと一緒に見ると その輝きを取り戻したように見える。
長い歴史をかけてその土地に住んだ人々が残していった美、文化的に世界に貢献した証。
生活の場に美しさを見出せることはとってもすばらしい。
そして自分もその美しさを後の世代に送っていく存在だと気づくことはもっとすばらしい。
美しさの定義は人によって違っても 日常の景色の中にその美と価値を再発見する視点が今とっても大切なのかもしれない。
昼休みの短い散歩を終えてオフィスに戻るイタリア人の背筋は 気のせいか 前より少しまっすぐに伸びて見えた。

 


2006/11/30

ITALY WEB SITE 
英語で楽しめるイタリアの注目WEBサイトの紹介


バチカン公式ホームページ(英語版)
http://www.vatican.va/phome_en.htm

11月末のローマ教皇ベネディクト16世のトルコ公式訪問で、世界中の注目を集めているバチカン市国の公式ホームページ。トルコ各地で対話を行う教皇の公式メッセージのすべてが英語で収録されている。



2006/11/30
編集後記
- ラジオバス 試乗体験記 - 

最近、夜10時をすぎると、ミラノ市内を何台も「RADIOBUS}と書かれたミニバスが走っているのをみかけるようになった。
2004年5月の本稿でも紹介したミラノ市交通局が実施している「予約式」バスだ。事前に予約するだけで希望の場所に指定時刻にミニバスがきてくれて、希望目的地まで運んでいってくれるシステムだ。 利用者も多く、機能しているようなので一度は利用してみたいと思いながら、そのままになっていた。

たまたま、友人と話していて、「ラジオバスって便利よ、遅くなって毎回タクシーじゃお金がかかってしょうがないし」という話をきいた。ちょうど、土曜の晩に別の友人と映画を見ることになって、映画館が少し不便な場所にあることに気づいた。その友達も車を運転しないので車で送ってもらうわけにもいかない。ちょうどいい、試してみよう!。映画であれば、終わる時間も決まっているので、その後、お茶を飲むとしても時間の予測がつくというものだ。

ミラノ市交通局ATMのインターネットサイトに、予約申し込みの欄があって、日時と出発地、目的地の住所、利用者の人数と名前をインプットする。3時間後には、予約申し込みOKというメールがきた。ピックアップの場所として希望した住所から50メートル位のバスが一時停車やすい場所を指定してきた。

近くのエディコラ(新聞・雑誌販売店)でラジオバスの乗車券(1.5ユーロ)を購入し、通常の路線バスやメトロ1回分の乗車券(ばら売りだと1枚1ユーロ、回数券だと10枚で9.2ユーロとあわせて使う。ラジオバス1回の料金は都合、2.42ユーロ。ミラノ市内であればどこからどこまででも利用料金は均一。

いよいよ当日。映画館につくと、事前にラジオバスのピックアップの場所をチェック。なんだか初体験でやや緊張する。
映画が終わって友人とお茶を飲んでのんびりしているうちに、気がつくとラジオバスのつく時間だ。下見までしたのにヘマをしてとあわてて指定の場所にいくと、指定時刻に7分くらい遅れてしまったがちゃんとラジオバスが待っていてくれる。運転手さんに「ごめんなさい、遅れちゃった」といって乗り込むと、そこはイタリア。「問題ありませんよ NON C'E PROBLEMA」といってくれる。あー、融通のきくイタリアでよかったと、こんなときはイタリアの呑気さが嬉しくなる。乗り心地のいいミニバスで家の前まで送ってもらってラジオバス初体験は終わり。ずいぶんと親切なサービスだと思った。もちろん、予約が必要(3日前から予約可能)なので、制約があるが、賢く使うと便利でエコノミーなサービスのようだ。

ところで明日12月1日はミラノ市内のバスや市電、メトロ類のスト、2日、3日はイタリア国鉄のスト。恒例の交通機関のストが相次ぐが、ラジオバスに予約した人の足は確保されるのだろうか?

ミラノ市交通局ATMのインターネットサイト(英文サイト)  


2006年11月30日
JIBO編集室
大島悦子


TOP

HOTなエスプレッソITALY WEB SITEBACK NUMBER

ご質問・ご意見は/e-mail:jdesk@japanitaly.com
www.japanitaly.com
(C)Japan Plus Italy Co.,Ltd All right reserved.