JAPAN-ITALY Business On-line
0 BUSINESS ON-LINEITALY NEWS

COFFEE

2006/10/31

HOTなエスプレッソITALY WEB SITE編集BACK NUMBER

HOTなエスプレッソ 



田中ちひろ

京都生まれ 大阪外国語大学イタリア語科卒業、88年イタリアのシエナに留学。91年よりミラノ在住。 著書「普段着のミラノ案内」(晶文社)をはじめ、新聞、雑誌、インターネットサイト等に執筆。三井住友海上ミラノオフィス勤務。 

 

48. 「路上の写真展」

昨年に続き、ミラノの金融の中心コルドゥーシオ広場からスフォルツァ城を結ぶダンテ通り(Via Dante)で路上の写真展が始まった。
去年はインド、チベットそしてアフリカの人々の表情をうつした写真に ガンジーやダライ・ラマなど世の中にインスピレーションを投げかけた人々の語った言葉が添えられていたが、 今年のテーマは「イタリア」、空からのエモーションというイベント名だけあって、イタリアを空から撮った。
ユネスコの世界遺産を始め、イタリアが世界に誇るさまざまな美しい場所、文化的な建物、或いは日常当たり前になってしまっていた広場の写真.....そして写真の下にはそれぞれの歴史が記されている。
1,2時間ではとても全部見られないくらいずらりと並んだ大きな写真の数々を 今年も昼休みのミラノっ子たちは何日にも分けて鑑賞している。
説明を読まずにどこの写真か当てっこしたり、その中の何ケ所に行ったことがあるかを競ったりと楽しみ方はざまざまだが改めてその下の説明を読むと知らなかったことが意外と多い。

それにしてもイタリアは豊かだ。ユネスコの世界遺産は世界138カ国に830ケ所、そのうち文化遺産が644、そしてそのうちの41個がなんとイタリアにある。ローマやフィレンツェ旧市街、ベネチアのサンマルコ広場、ミラノの「最後の晩餐」とその教会、エトルリア時代の遺跡群、シチリアにあるギリシャ文明の遺跡.........自然遺産というより 人が残した文化遺産がほとんどだ。
もっとも41という数字はあくまでユネスコに指定された所だけの話で、実際にはその数百倍もの文化的遺産がイタリア中に点在する。
名もない小さな町の小さな広場や教会で息を呑むような美しさに出会うことはイタリアではごく普通のことなのだ。

この夏1週間シチリアを旅行した。かつて地中海の文化の十字路だったシチリアはギリシャ、ローマ、アラブ、ノルマンと数々の文化が通り過ぎ、それぞれがその文明と文化のすばらしさをなんらかのかたちで残こしていった。アテネのパルテノン神殿より保存状態のいいアグリジェントのギリシャ神殿、今でも夏になるとオペラが上演されるタオルミナのギリシャ劇場.....かつてそれだけの文化の高さや豊かさを享受したにもかかわらず、今のシチリアは放置され、荒れている。外国支配があまりにも長かったシチリアの特殊事情はともかくとして、それはすばらしい文化や遺跡が日常の景色になってしまうとき その価値が失われていくひとつの例なのかもしれなかった。

ところで 空中写真はおもしろい。最近ではインターネットでも手軽に空中写真が見られるようになったが、当たり前になってしまった場所が 空から見るというだけで全然違って見えるから面白い。
路上の写真展に写された町も きれいなレンガ色で統一された家々の屋根、外からは見えない中庭に隠された緑、夕日の光や海の青さと一緒に見ると その輝きを取り戻したように見える。
長い歴史をかけてその土地に住んだ人々が残していった美、文化的に世界に貢献した証。
生活の場に美しさを見出せることはとってもすばらしい。
そして自分もその美しさを後の世代に送っていく存在だと気づくことはもっとすばらしい。
美しさの定義は人によって違っても 日常の景色の中にその美と価値を再発見する視点が今とっても大切なのかもしれない。
昼休みの短い散歩を終えてオフィスに戻るイタリア人の背筋は 気のせいか 前より少しまっすぐに伸びて見えた。

 


2006/10/31

ITALY WEB SITE 
英語で楽しめるイタリアの注目WEBサイトの紹介


トマト・ワールド Tomato World 2006 のサイト
http://www.tomatoworld.it/uk/home.html

トマトの農業生産、加工品製造から流通まで、トマト産業のすべてを扱う見本市。トマトの種から、機械、サービス、経営、技術革新ツールなどが一同に出展。
11月23日から25日まで北イタリアの代表的な農業拠点、ピアチェンザPiacenzaの見本市会場で開催される。



2006/10/31
編集後記
- F24とオンライン・バンキング - 

イタリアでは、時々、あっと驚くようなことがおこる。
最近の「あっと驚き」は、何の前触れも根回しもなくある日突然、「事業者の税金納付はすべてオンライン・バンキングで行うこと」という法律が誕生したことだ。
事実、夏休み前の7月4日に国会で承認されたこの新法律、夏休みを挟んで3ケ月もたたない10月1日から施行されるという超スピーディな進展となった。これにより、付加価値税番号(Partita Iva)を持つあらゆる事業者、すなわち、企業、自営業者、自由業者等はあらゆる税金および社会保険料の支払いをすべてコンピュータのオンライン上で支払うことが義務づけられた。銀行窓口や税務署での納付は不可能となった。
本法律作成者の経済開発相のPierluigi Bersaniの名前をとって「ベルサーニ」法とも呼ばれている。

イタリアで仕事をする誰もが泣かされるのは税金の種類が多く支払い時期も複雑なこと。その中で毎月付き合わなければならないのが、各月16日までに納付する源泉徴収税で、F24という税務書式を使用して支払う。私は始めて3枚つづりカーボン複写式のF24書式を見たときは、こんな書式がまだあるのかと呆れたが、それでも毎月、公認会計士からいわれた金額をボールペンで書き込み、銀行窓口に並んで支払い手続きをしていた。当時は毎月16日には窓口に長蛇の列ができていた。混むのはわかっているのだから2-3日早めに銀行に来ればいいのにと思うのは、「支払いは最終ギリギリまで延ばす」というイタリア人の特性を知らない人の考えること。この特性を熟知している税務当局は、1日でも納付遅延があるとすぐに「罰金」を課すことで対応する。どっちもどっちというしかない。
次第にカーボン複写式書式のF24は、会計士事務所が内容記入済みのPDFファイルをメールで送ってくれるようになり、こちらではプリントアウトすればよくなった。

近年はそれでもオンラインバンキングシステムの普及で銀行の窓口風景も大分変わってはきている。弊社でも2−3年前から振込みもF24納付もすべてオンラインで行うようになった。とはいえ、銀行オンライン利用者はまだまだイタリアではマイナーな存在だ。実際問題、街角の八百屋や小規模自営業者など、PCもなくEmailさえ使っていないような事業者はどうするのかしらと他人事ながら心配になる。
行きつけの銀行の担当者と話していても、オンラインバンキングの申し込みが殺到してしまって対応が間に合わず大騒ぎという。支払いが1日でも遅れると、情け容赦なく罰金が課せられるのだから事業者もいたく真剣だ。

事業者のインターネット利用状況の調査も、関係者からの意見徴収も、新方式へのフィジビリティスタディもないままに実施された大胆な税務納付方式の大改革。とはいえ事業者が抗議のストライキやデモをするという話はきいていない。日本では考えられない「ベルサーニ手法」。イタリアの企業も市民もこういう荒波を乗り越えつつ、たくましくなっていくのだろうか。


2006年10月31日
JIBO編集室
大島悦子


TOP

HOTなエスプレッソITALY WEB SITEBACK NUMBER

ご質問・ご意見は/e-mail:jdesk@japanitaly.com
www.japanitaly.com
(C)Japan Plus Italy Co.,Ltd All right reserved.