JAPAN-ITALY Business On-line
0 BUSINESS ON-LINEITALY NEWS

COFFEE

2006/6/22

HOTなエスプレッソITALY WEB SITE編集BACK NUMBER

HOTなエスプレッソ 



田中ちひろ

京都生まれ 大阪外国語大学イタリア語科卒業、88年イタリアのシエナに留学。91年よりミラノ在住。 著書「普段着のミラノ案内」(晶文社)をはじめ、新聞、雑誌、インターネットサイト等に執筆。三井住友海上ミラノオフィス勤務。 

 

47. こどもと未来

先日友人のアンナがひさしぶりに電話をかけてきた。
「来週、ついにロシアに行くの」電話に出るなりそう告げた彼女はかなり興奮している様子。
ロシア?
夏のバカンスの行き先としてはそれほどポピュラーといえない行き先だが、それにしても ついに、というのはどういうことだろう?
アンナと話すのは半年振りくらいだったが、特にロシア語を勉強しているとか、ロシアの文化が好きとかそう言うことを聞いたことは一度もなかったので、思わず「よりによっても何でロシアなの?」と聞き返してしまった。
よくぞ聞いてくれましたとアンナの声のトーンが上がる。
「実は私、数年前から チェルノブイリの女の子を夏の間、ヴァカンスに預かったりしていたの」

そういえば、イタリアではチェルノブイリの原発事故の大惨事で両親をなくしたり、或いは体の調子があまりよくない子供たちを 夏の間 お日様に良く当てるため イタリアに招いて世話をするということがずっと行われているということを最近知ったばかりだった。カトリックの教会レベル、或いは山や湖など空気のきれいな保養地の村レベル、そしてヴォランティアの個人レベルとこれが結構よく耳にするのである。
身近なところでは、私の大家さん夫婦も 毎年夏はそれで忙しいと言っているし、同じ建物の3階にもやっぱりそういう子どもを預かっている若い女性がいるが、アンナもその一人だとは知らなかった。
アンナの女の子は両親をなくし、ロシアにはおばさんがいるらしいが 貧しくてその子の面倒までなかなか見れないらしく、2年ほど夏の間預かったところすっかり情が移ってしまって、養子にできるように1年前手続きを始めたのだそうだ。そして今回、やっとその許可が下り、ロシアまでその子を迎えに行く、その連絡を受けたばかりの喜びの電話だったのだ。

イタリアではカトリックの影響か、こうして貧しい国の子供たちを養子にしている人がとっても多い。同じイタリア人の子供と違って、明らかに肌の色や人種の違う子供たちがふつうにイタリア人の子供たちと過ごしている。
子供に恵まれないカップルが養子を探すのはもちろん多いのだが、去年からイタリアでは経済力があって、人間的にも子供を育てるのに支障がなければシングルでも養子を取れるようになった。また自分の子供はすでにいて それでも養子を取るカップルも増えてきている。
世界でいろんな天災が起こるたびに、たとえばインドネシアの津波やパキスタンの地震など、そのたびに孤児になった子供たちを引き取ろうという申し出が殺到するらしい。

その一方で、イタリアの出生率は1.3人、日本と変わらないくらい、世界で最も低い水準である。
結婚年齢があがったことや、またイタリアの場合離婚が難しいこと、さらには経済的な不安、失業率の高さがそれらの原因だが、最近の調査で、25歳以下の男女がで3年以内に子供を持ちたいと思う人がなんと全体の10%にも満たない、25-29歳になってもやっと25%ときいて改めてその深刻さを思い知らされた。
その一方で移民の子供たちの出生率はイタリア人のそれに比べて数倍高い。そんなこんなで、最近のイタリアの小学校は養子でイタリアにやってきた子供たちや、移民子供たちがいっぱい、その割合が増えてきているのだそうだ。
もしも彼らがきちんと社会の一員になっていくのなら、また養子になった子供たちやイタリアで生まれた子供たちはイタリア国籍をもらえるから、イタリア人として生きていくのなら それはそれでいいのかもしれない。
小さいころから文化の違う子供たちに混ざって、それが当たり前のこととして育っていく子供たちは きっと今の私たちより偏見の少ない大人になるだろう。
これまた友人のアンジェロは 両親がスリランカの子供を養子にもらって、彼と一緒に育てたので 誰よりも大のスリランカびいきになった。
一年に1回はそのスリランカの兄弟と一緒に 第二の故郷スリランカに遊びに行く。

年金をもらえるようになれば老後は絶対スリランカで暮らしたいというアンジェロ、チェルノブイリの女のこのためにロシア語と心理学を勉強し始めたアンナ、そんな姿を横目に、敬虔なカトリック信者で、経済的にも十分余裕のあるだろうあのブッシュ米大統領が、もし彼がイラクの戦争孤児を養子にしていたら、果たして彼はイラクに派兵しただろうか......そんな夢のような空想が一瞬頭をよぎった。

 


2006/9/30

ITALY WEB SITE 
英語で楽しめるイタリアの注目WEBサイトの紹介


ミラノ見本市会場の公式サイト
http://www.fieramilano.com/

ミラノ見本市会場FIERA MILANOは、従来のミラノ市内会場fieramilanocityに加え、今年からミラノ郊外の新設会場fieramilanoでも本格稼動をはじめた。

開催予定の各種見本市の詳細をはじめ、業種ごとの見本市や出展企業の検索もできる便利なサイト。



2006/9/30
編集後記
- ミラノのメンズファッション - 

ミラノの町を歩いていて目に付くのは、メンズファッションの個性的なショップがあちこちにあることだ。どれもなかなかおしゃれっぽく、女性がながめても楽しい。リナッシェンテやCOINといったデパートに行ってみても、レディスの売り場面積に匹敵するメンズ売り場がえんえんと続くのに驚く。紳士物売り場が片隅においやられている日本のデパートとは別世界だ。
とはいえ、メンズ売り場の中身も大分変わってきたようだ。スーツやジャケットという枠を超えて、最近ではスポーティでカジュアルなものが多くなってきている。特にこの時期、ジーンズやスポーツシューズの男性が非常に多いことに気がつく。以前は大人の男性はウールのズボン、革靴と相場がきまっていたのに。

しかし、昼間はどれほどカジュアルスタイルが普及しても、変わらないのは外での夕食の際「着替えてジャケットを着て革靴をはいて少し改まった装いで」のぞむことだろう。日本のように、一日の仕事のあとにそのままの格好でレストランに直行ということは非常に稀だ。出張や会議出席中などでホテル滞在中も、ホテルにいったん戻って、シャワーをあびて着替えて夜の食事にでかけている。外での夕食は夜8時か8時半スタートという時間帯ゆえに、時間的にも着替えの余裕があるのだろう。
仕事着、カジュルアルなスタイル、改まった装い、イタリアの男性にはいくつものシーンが日常的に用意されているから、ファッションセンスも磨かれるのだろうか。イタリアのメンズファッションが世界市場をリードしている秘密も、こんな日常的なライフスタイルの積み重ねの中にあるのかもしれない。


2006年9月30日
JIBO編集室
大島悦子


TOP

HOTなエスプレッソITALY WEB SITEBACK NUMBER

ご質問・ご意見は/e-mail:jdesk@japanitaly.com
www.japanitaly.com
(C)Japan Plus Italy Co.,Ltd All right reserved.