JAPAN-ITALY Business On-line
0 BUSINESS ON-LINEITALY NEWS

COFFEE

2006/6/22

HOTなエスプレッソITALY WEB SITE編集BACK NUMBER


HOTなエスプレッソ 



田中ちひろ

京都生まれ 大阪外国語大学イタリア語科卒業、88年イタリアのシエナに留学。91年よりミラノ在住。 著書「普段着のミラノ案内」(晶文社)をはじめ、新聞、雑誌、インターネットサイト等に執筆。三井住友海上ミラノオフィス勤務。 

 

47. こどもと未来

先日友人のアンナがひさしぶりに電話をかけてきた。
「来週、ついにロシアに行くの」電話に出るなりそう告げた彼女はかなり興奮している様子。
ロシア?
夏のバカンスの行き先としてはそれほどポピュラーといえない行き先だが、それにしても ついに、というのはどういうことだろう?
アンナと話すのは半年振りくらいだったが、特にロシア語を勉強しているとか、ロシアの文化が好きとかそう言うことを聞いたことは一度もなかったので、思わず「よりによっても何でロシアなの?」と聞き返してしまった。
よくぞ聞いてくれましたとアンナの声のトーンが上がる。
「実は私、数年前から チェルノブイリの女の子を夏の間、ヴァカンスに預かったりしていたの」

そういえば、イタリアではチェルノブイリの原発事故の大惨事で両親をなくしたり、或いは体の調子があまりよくない子供たちを 夏の間 お日様に良く当てるため イタリアに招いて世話をするということがずっと行われているということを最近知ったばかりだった。カトリックの教会レベル、或いは山や湖など空気のきれいな保養地の村レベル、そしてヴォランティアの個人レベルとこれが結構よく耳にするのである。
身近なところでは、私の大家さん夫婦も 毎年夏はそれで忙しいと言っているし、同じ建物の3階にもやっぱりそういう子どもを預かっている若い女性がいるが、アンナもその一人だとは知らなかった。
アンナの女の子は両親をなくし、ロシアにはおばさんがいるらしいが 貧しくてその子の面倒までなかなか見れないらしく、2年ほど夏の間預かったところすっかり情が移ってしまって、養子にできるように1年前手続きを始めたのだそうだ。そして今回、やっとその許可が下り、ロシアまでその子を迎えに行く、その連絡を受けたばかりの喜びの電話だったのだ。

イタリアではカトリックの影響か、こうして貧しい国の子供たちを養子にしている人がとっても多い。同じイタリア人の子供と違って、明らかに肌の色や人種の違う子供たちがふつうにイタリア人の子供たちと過ごしている。
子供に恵まれないカップルが養子を探すのはもちろん多いのだが、去年からイタリアでは経済力があって、人間的にも子供を育てるのに支障がなければシングルでも養子を取れるようになった。また自分の子供はすでにいて それでも養子を取るカップルも増えてきている。
世界でいろんな天災が起こるたびに、たとえばインドネシアの津波やパキスタンの地震など、そのたびに孤児になった子供たちを引き取ろうという申し出が殺到するらしい。

その一方で、イタリアの出生率は1.3人、日本と変わらないくらい、世界で最も低い水準である。
結婚年齢があがったことや、またイタリアの場合離婚が難しいこと、さらには経済的な不安、失業率の高さがそれらの原因だが、最近の調査で、25歳以下の男女がで3年以内に子供を持ちたいと思う人がなんと全体の10%にも満たない、25-29歳になってもやっと25%ときいて改めてその深刻さを思い知らされた。
その一方で移民の子供たちの出生率はイタリア人のそれに比べて数倍高い。そんなこんなで、最近のイタリアの小学校は養子でイタリアにやってきた子供たちや、移民子供たちがいっぱい、その割合が増えてきているのだそうだ。
もしも彼らがきちんと社会の一員になっていくのなら、また養子になった子供たちやイタリアで生まれた子供たちはイタリア国籍をもらえるから、イタリア人として生きていくのなら それはそれでいいのかもしれない。
小さいころから文化の違う子供たちに混ざって、それが当たり前のこととして育っていく子供たちは きっと今の私たちより偏見の少ない大人になるだろう。
これまた友人のアンジェロは 両親がスリランカの子供を養子にもらって、彼と一緒に育てたので 誰よりも大のスリランカびいきになった。
一年に1回はそのスリランカの兄弟と一緒に 第二の故郷スリランカに遊びに行く。

年金をもらえるようになれば老後は絶対スリランカで暮らしたいというアンジェロ、チェルノブイリの女のこのためにロシア語と心理学を勉強し始めたアンナ、そんな姿を横目に、敬虔なカトリック信者で、経済的にも十分余裕のあるだろうあのブッシュ米大統領が、もし彼がイラクの戦争孤児を養子にしていたら、果たして彼はイラクに派兵しただろうか......そんな夢のような空想が一瞬頭をよぎった。

 


2006/7/24

ITALY WEB SITE 
英語で楽しめるイタリアの注目WEBサイトの紹介


http://www.isae.it/inglese/bpg/default.asp
経済分析研究機関 ISAE
(Istituto di Studi e Analisi Economica )

1999年創立。本部をローマに持つ。政府、国会、地方自治体の政策決定をサポートする「シンクタンク」の役割を果たすことが設立目的。定期的に各種調査を実施し統計データを発表している。



2006/7/24
編集後記
- サルディSALDIの季節 - 

今年も7月の「サルディSALDI」、つまり「夏のバーゲンセール」シーズンがイタリア中で進行中である。ミラノ市内のショップのショーウインドウには「SALDI」の文字が飛び交い、30%引き、50%引き、あるいは70%引きの商品もある。この時期を待っていた消費者にとっては絶対に見逃せないオケージョンである。全国商業者団体Confcommercio の推定では、今夏のセールの売り上げ予測は約30億ユーロで、年間売上額全体の9%に充当、一家庭当たりの平均購入額は約260ユーロだという。夏のサルディの中心は洋服と靴だ。

ところで、イタリアの「サルディ」開始日は都市ごとに異なり、今年の「サルディ」カレンダーは、7月1日(土曜)ミラノとトリノ、7月2日(日曜)ローマとパレルモ、7月7日(土曜)ナポリ。7月15日(土曜)フィレンツエとヴェネツイアときちんと決められている。サルディのスタート日は都市ごとに地方自治体が制定するため、公式スタート日より前に、個々の店がバーゲンをすることはできない仕組みになっている。これに限らず、イタリア社会、国の法律や地方自治体の条例など諸々の制約が強く「自由市場」とは程遠く驚くことがいろいろある。

たとえば、店舗の営業時間の問題。大半の店は午前中に4時間程度あいて、お昼休みはクローズ。午後また開いて、夜7時半か8時にはどの店も閉まってしまう。年中無休の日本の大型商業施設や24時間オープのコンビニなどに慣れた日本人にとってイタリアの小売店舗の「厳格な営業時間」はなかなかなじめない。商業者にとってはお昼もゆっくり休めるし、店員を雇用しなくてもパパママストアでやっていけるので楽かもしれないが、もっと柔軟で消費者に便利で優しいシステムにしてくれないものかと思うのはイタリアにいる日本人、あるいは日本人旅行者の誰もが思うことではいか。

そう思っていた私は、数年前、イタリア流通システムの調査をした際にびっくり仰天した。「なぜ、営業時間を定める法律があるのですか」という私の質問に商工会議所の責任者はこう答えた。「もともとこの法律は消費者保護のために制定されました」。私は耳を疑って「消費者保護ってどういう意味ですか」と聞き返すと、「各店舗ごとに開店時間を制定し、市町村に届出し店内に開店時間の表示をすることが義務づけられています」禅問答のようで意味がつかめない。その心は? 要は、営業時間を決める法律がないと、お店は好きなときに開店し好きなときに閉店してしまう可能性があり、「パンを買いたい」、「牛乳を買いたい」という消費者のニーズに対応できない恐れがある。消費者の生活を守るために制定された「消費者に優しい」法律がこれだというのだ。自由市場、競争の論理とは別世界の次元の話に私は言葉を失った。

とはいえ、イタリア社会も「市場の自由化」に取り組みはじめている。新プローディ政府の打ち出した政策課題は、タクシーや薬局など「特権業種」の「自由化」。定数制・許可制で手厚く守られていたこれらの業種に「競争の論理」をいれようというのだ。もちろん、タクシーも薬局も業界をあげて全面ストライキで対決。暑いさなか、ますますホットな闘争が続いている。

2006年7月24日
JIBO編集室
大島悦子


TOP

HOTなエスプレッソITALY WEB SITEBACK NUMBER

ご質問・ご意見は/e-mail:jdesk@japanitaly.com
www.japanitaly.com
(C)Japan Plus Italy Co.,Ltd All right reserved.