JAPAN-ITALY Business On-line
0 BUSINESS ON-LINEITALY NEWS

COFFEE

2006/1/30

HOTなエスプレッソITALY WEB SITE編集BACK NUMBER


HOTなエスプレッソ 



田中ちひろ

京都生まれ 大阪外国語大学イタリア語科卒業、88年イタリアのシエナに留学。91年よりミラノ在住。 著書「普段着のミラノ案内」(晶文社)をはじめ、新聞、雑誌、インターネットサイト等に執筆。三井住友海上ミラノオフィス勤務。 

 

46. イタリア人のダイエット

つい先週 我が家のすぐ近くにまた日本食レストランができた。また、というのは、すぐ通りの裏側にも1軒あり、さらに広場の向こうまで行けばまた1軒と、ここ数年のうちに我が家の周辺だけでも10数件の日本食のレストランができたからだ。ミラノっ子にとって日本食とは油を使わなくて新鮮で、ダイエットにぴったりな料理で、その上きれいな和食器や和のインテリアは粋でしかも心にやさしい(ヒーリング)というところらしい。
こうして日本食がミラノっ子の間に浸透したのは、このブームに乗って日本人というよりむしろ中国人が日本食レストランを手ごろな値段でどんどん出したというのも一役買っている。 

ところでイタリアで外食文化が発達するのは非常に難しい。
ミラノに来た当初、ミラノは他の町に比べて驚くほど外国料理のレストランがあるんだよといわれて調べてみたら、世界のどこの国でも最高のランクに入れられるフランス料理の店がたったの2軒、タイ料理、ロシア料理、韓国料理もそれぞれ1軒だったのでとても驚いたのを覚えている。(中華料理だけは例外で、これだけはイタリアのどこに行っても必ずあった。)
どうしてなの?と聞いてみると、皆が口をそろえて「イタリア料理はこんなにおいしくて奥が深いのだから、他の料理を食べる必要がない」といわれたものだった。
特に地中海式ダイエットと呼ばれる南イタリアの料理は、バターや生クリームではなくオリーブオイルをつかって、良い食材の持つ味をそのまま味わうように料理するから最高なんだというわけだ。(聞くところによると、オリーブオイルは生でとるとコレステロールを下げるらしい)。
確かにイタリア料理はおいしいし、日本人の口に合う。お米もごく普通に毎日の食卓に上るし、食材も本当に豊かだ。その自然の味をできるだけ生かした料理という点では日本食に通じるところがあるかもしれない......
それでも、イタリア第2の都市、国際性という意味では第1の都市ミラノで、外国料理が食べららないなんて...と欲張りな私は結構こだわっていたものだ。
幸い最近では、ミラノっ子もバカンスで世界のいろんなところへ出かけるようになり、いろんな料理に対する抵抗が減ったのと、そしてもうひとつ、アラブ諸国やアフリカなど多くの移民が自国の料理のレストランをはじめたことも多くなって、少なくともミラノではいろんな国の料理を食べ比べる楽しみが増えたようだ。

そんな中でつい最近ある新聞で「ヨーロッパの食に関するアンケート」というのがのっていた。ヨーロッパ20カ国の2万1千人を対象にしたこのアンケートではお国柄が出ていて実に面白い。

それによると、イタリア人の42%がフランス料理は評価が高すぎるといい、90%の人たちが毎日自分の家で料理(イタリア料理のはず)を作っているという。3人に一人が食事と一緒にワインを飲み、イタリア料理が太らないためには一番いいと信じている。やっぱりイタリア料理への忠誠は変わっていないわけだ。
フランスはというと、食事中ワインを飲む男性は28%、一方女性は98%が水を飲む。ワインを飲む人は減っている。そして22%が確かにフランス料理は過大評価されすぎと認めている。ドイツ人やオーストリア人、そしてチェコ人が食事中に飲むのはジュースかビール、イギリス人、ロシア人、トルコ人はお茶。
全体の40%の人がハンバーガーを代表とするアメリカの食事が一番太って身体に悪いと信じ、なんと5人に1人は中華料理が最も太らない料理だと思っている。
まさにところ変わればというところだが、ダイエットに関して言えば、イタリアでもアメリカの料理が最も太るというのはもう常識に近い感じだが、ダイエットに中華料理が上がることはなく、イタリア全体では地中海式ダイエット、そしてミラノではおそらく日本食が一番なのかもしれない。

クリスマス、お正月で食べ過ぎて1月中旬からダイエットを始めたという人が周りにもいっぱいいるが、イタリア人のダイエットはなんとなくおきらくだ。
りんごだけとかで精神力と戦ったり、厳しいカロリー制限をしたりという悲壮感が全くない。
しばらく夜はパスタをやめて肉だけにするとか、今週はチョコレートケーキを抜きにするとか、それから、そう、おすしを食べに行く。

 


2006/5/31

ITALY WEB SITE 
英語で楽しめるイタリアの注目WEBサイトの紹介


http://www.fondoambiente.it/english/index.htm
FAI: イタリアのナショナル・トラスト団体

FAI (Fondo per l'Ambiente Italiano) 広く市民や企業から基金をつどって、貴重な文化財・歴史的環境や自然景観を保全し、活用しながら後世に継承していくことを目標に1975年に設立された。現在FAIが所有・管理しているイタリア各地の建築物や庭園・自然景観は36に上る。
修復保全を行い一般に開放している。現在会員数7万人。



2006/5/31
編集後記
- 薬局と郵便局の在庫管理システム - 

幸い、健康には恵まれているほうなので世話になることは少ないが、それでも時々は近くの薬局にいく。薬局は町の至るところにあるがイタリアの薬局は外観も店内もオーソドックスな雰囲気でどこもあまり変わりばえはせず、イタリアデザインやイタリア人御得意の「ファンタジー」やクリエイティビティとはあまり結びつかない。医薬分業が確立しており、薬はすべて薬局で入手するので「薬屋」という「商店」としての位置づけより医療機関としての役割が強いためかもしれない。白衣を着用した薬剤師が落ち着いて顧客一人ひとりにていねいに応対していく。私は薬局の中に入るたびに、時間が止まって一昔前の世界に入っていくような気がしてくるほどだ。
このように旧式な風貌の薬局だが、驚くのは、薬品のコンピュータ在庫管理・発注システムが徹底していること。先日も家庭医が書いてくれた処方箋を窓口でみせると、ターミナルをたたいて「この薬は通常は置いていません。でも今注文をいれれば明朝には届いています」という。すでに夕方6時をすぎている。念のため「明朝って何時ごろのこと?」ときくと「朝9時半です」と平然という。そして翌朝いってみるとちゃんと届いているのだ。
何ごともなかなか予定通りにいかないのがイタリアの社会、そこに生活していると夕方注文したものが明朝確実に入手できることに感動すら感じてしまう。

一方、薬局とは正反対の「在庫管理システム」をしているのが郵便局だろう。少し前だが、日本の役所から書類をイタリアまで送ってもらう必要があった。ミラノから日本の役所に電話すると、「返信用切手を送ってください。郵便局に行くと国際郵便切手というのがありますからそれを5枚送ってください」という。「国際郵便切手というのはイタリアでもあるのでしょうか」ときくと、「もちろんです、世界中で販売していて世界中に通用します」と日本の役所の窓口の人は何の疑いもなくいう。
近くの郵便局で早速たずねると、「ここにはないので本局にいってくれ」という返事。ミラノの本局にいくと「2枚しかない」という。「5枚必要なのですが」というと、「これから注文する」ということ。「どのくらい時間がかかるのですか」「わからない。注文してみないとどれだけ時間がかかるか見当がつかない」「在庫が少なくなったら早めに注文しないのですか」余計なことをきくと、とんでもないという表情で「いいえ。在庫はゼロになってから注文をします。」 話にならない。
「在庫が入ったら、それがわかるシステムがありますか。たとえば、電話でたずねるとか」「電話でそのような問い合わせにはお答えしていません」
「あのう、ここ以外に、ミラノでこの国際郵便切手を購入できる郵便局はないでしょうか。」「ありません。ここだけです」

要は、130万の人口を持つミラノ市に、国際郵便切手を扱う郵便局は1局しかなく、そこにある2枚の切手を私が購入してしまうと当分、1枚も在庫がないことになる。でも私がこの2枚を買わないと、新たな注文もしてくれないのだ。なんだか次に来る人への使命感のようなものまで生まれてきてこの2枚を購入した。民営化してイタリアの郵便局の店舗デザインはぐんと垢抜けてきたけれど、在庫管理の近代化への道はまだまだ遠いようだ。

2006年5月31日
JIBO編集室
大島悦子


TOP

HOTなエスプレッソITALY WEB SITEBACK NUMBER

ご質問・ご意見は/e-mail:jdesk@japanitaly.com
www.japanitaly.com
(C)Japan Plus Italy Co.,Ltd All right reserved.