JAPAN-ITALY Business On-line
0 BUSINESS ON-LINEITALY NEWS

COFFEE

2006/1/30

HOTなエスプレッソITALY WEB SITE編集BACK NUMBER


HOTなエスプレッソ 



田中ちひろ

京都生まれ 大阪外国語大学イタリア語科卒業、88年イタリアのシエナに留学。91年よりミラノ在住。 著書「普段着のミラノ案内」(晶文社)をはじめ、新聞、雑誌、インターネットサイト等に執筆。三井住友海上ミラノオフィス勤務。 

 

46. イタリア人のダイエット

つい先週 我が家のすぐ近くにまた日本食レストランができた。また、というのは、すぐ通りの裏側にも1軒あり、さらに広場の向こうまで行けばまた1軒と、ここ数年のうちに我が家の周辺だけでも10数件の日本食のレストランができたからだ。ミラノっ子にとって日本食とは油を使わなくて新鮮で、ダイエットにぴったりな料理で、その上きれいな和食器や和のインテリアは粋でしかも心にやさしい(ヒーリング)というところらしい。
こうして日本食がミラノっ子の間に浸透したのは、このブームに乗って日本人というよりむしろ中国人が日本食レストランを手ごろな値段でどんどん出したというのも一役買っている。 

ところでイタリアで外食文化が発達するのは非常に難しい。
ミラノに来た当初、ミラノは他の町に比べて驚くほど外国料理のレストランがあるんだよといわれて調べてみたら、世界のどこの国でも最高のランクに入れられるフランス料理の店がたったの2軒、タイ料理、ロシア料理、韓国料理もそれぞれ1軒だったのでとても驚いたのを覚えている。(中華料理だけは例外で、これだけはイタリアのどこに行っても必ずあった。)
どうしてなの?と聞いてみると、皆が口をそろえて「イタリア料理はこんなにおいしくて奥が深いのだから、他の料理を食べる必要がない」といわれたものだった。
特に地中海式ダイエットと呼ばれる南イタリアの料理は、バターや生クリームではなくオリーブオイルをつかって、良い食材の持つ味をそのまま味わうように料理するから最高なんだというわけだ。(聞くところによると、オリーブオイルは生でとるとコレステロールを下げるらしい)。
確かにイタリア料理はおいしいし、日本人の口に合う。お米もごく普通に毎日の食卓に上るし、食材も本当に豊かだ。その自然の味をできるだけ生かした料理という点では日本食に通じるところがあるかもしれない......
それでも、イタリア第2の都市、国際性という意味では第1の都市ミラノで、外国料理が食べららないなんて...と欲張りな私は結構こだわっていたものだ。
幸い最近では、ミラノっ子もバカンスで世界のいろんなところへ出かけるようになり、いろんな料理に対する抵抗が減ったのと、そしてもうひとつ、アラブ諸国やアフリカなど多くの移民が自国の料理のレストランをはじめたことも多くなって、少なくともミラノではいろんな国の料理を食べ比べる楽しみが増えたようだ。

そんな中でつい最近ある新聞で「ヨーロッパの食に関するアンケート」というのがのっていた。ヨーロッパ20カ国の2万1千人を対象にしたこのアンケートではお国柄が出ていて実に面白い。

それによると、イタリア人の42%がフランス料理は評価が高すぎるといい、90%の人たちが毎日自分の家で料理(イタリア料理のはず)を作っているという。3人に一人が食事と一緒にワインを飲み、イタリア料理が太らないためには一番いいと信じている。やっぱりイタリア料理への忠誠は変わっていないわけだ。
フランスはというと、食事中ワインを飲む男性は28%、一方女性は98%が水を飲む。ワインを飲む人は減っている。そして22%が確かにフランス料理は過大評価されすぎと認めている。ドイツ人やオーストリア人、そしてチェコ人が食事中に飲むのはジュースかビール、イギリス人、ロシア人、トルコ人はお茶。
全体の40%の人がハンバーガーを代表とするアメリカの食事が一番太って身体に悪いと信じ、なんと5人に1人は中華料理が最も太らない料理だと思っている。
まさにところ変わればというところだが、ダイエットに関して言えば、イタリアでもアメリカの料理が最も太るというのはもう常識に近い感じだが、ダイエットに中華料理が上がることはなく、イタリア全体では地中海式ダイエット、そしてミラノではおそらく日本食が一番なのかもしれない。

クリスマス、お正月で食べ過ぎて1月中旬からダイエットを始めたという人が周りにもいっぱいいるが、イタリア人のダイエットはなんとなくおきらくだ。
りんごだけとかで精神力と戦ったり、厳しいカロリー制限をしたりという悲壮感が全くない。
しばらく夜はパスタをやめて肉だけにするとか、今週はチョコレートケーキを抜きにするとか、それから、そう、おすしを食べに行く。

 


2006/3/31

ITALY WEB SITE 
英語で楽しめるイタリアの注目WEBサイトの紹介


http://www.enel.it
ENEL イタリア電力会社のサイト。


ENELは本年2月にフランスのエネルギー・環境大手のスエズを買収しようとしたが、フランス首相ド・ビルパンが待ったをかけ、フランス・ガス公社とスエズの合併を進めて対抗したことで、 一躍、世界中の注目をあびている。イタリア政府は、フランスの「保護主義的対応」を非難し、EUの介入を求めている。



2006/3/31
編集後記
- 夏時間とイタリアの時計 - 

何年間イタリアに住んでいても不思議なのはイタリア人の時間感覚だ。イタリアでは時間は一言でいうと「目安」であって、「目的」でも「社会システムの絶対的基準」でもない。日本のNHKにあたる国営放送RAIの「午後8時の定時ニュース」も、毎夕8時「ごろ」にはじまり8時半「ごろ」に終わる。秒刻みでプログラムが進行していく日本のニュースとは趣が違う。

となると時間を測る時計は何のために存在しているのか、という哲学的な疑問までおきてくることもある。特に街の歩道や駅に設置されている「時計」。同じ通りを歩いていても、同じ駅の構内にある複数の時計でも、示す時間は「まちまち」。誰がいつ管理しているのか、誰も管理していないのか、謎につつまれている。かといって公共空間の時計は、デザイン王国イタリアというほどの形でもなく街並や駅構内の美観に役立っているともいいがたい。

毎年、3月の第四日曜日すなわち日本の「春分の日」の次の日曜日にイタリアでは「夏時間」オーラ・レガーレOra legale に入る。
今年は3月26日が第四日曜日だった。前日土曜日の新聞に小さく「明日から夏時間。日曜日の午前2時に、1時間時計を早めて、午前3時にしてください」という告知記事がでて、テレビのニュースでも事務的に報道する。損したこの「1時間」は、9月末に、夏時間から冬時間に戻る際、今度は逆に午前2時に時計の針を午前1時戻すことでとりかえすことになる。とはいえ、馬鹿正直に午前2時に時計をいじる人はいない。通常は土曜の晩寝る前に時計を早めて就寝すると日曜の朝から夏時間に入っていることになる。
私もベッド脇の時計だけを土曜の晩に夏時間に直して就寝。朝起きてからキッチンや居間の時計や腕時計の針を1時間早めてやれやれこれでOK、そう思って、新聞を買いに外にでた。歩道に設置してある時計を何気なく見上げるとすでに正確に「夏時間」を示している。
日本だったら、夜中のうちに誰かが時間を調整したとか、自動的に夏時間に変換するシステムが組み込まれているとか、思う人がいるかもしれない。
しかし、ここはイタリア。冬時間だった昨日までの半年間も「夏時間」のままだったと「解釈する」しかない。

翌朝の月曜日、出張のため朝8時すぎのユーロスターにのろうとミラノ中央駅に向かった。駅について中央駅の真ん中にある大時計を見上げると、時計の針は11時半を示している。出張を終えて、夕方7時半ごろミラノ駅に戻って、念のためもう一度この時計をみあげると11時半のまま。夏時間や冬時間などものともせず、わが道を行く大物時計としかいいようがない。イタリアでは「時計は何のためにあるのか」 私の疑問の答えはなかなかでてきそうもない。

2006年3月31日
JIBO編集室
大島悦子


TOP

HOTなエスプレッソITALY WEB SITEBACK NUMBER

ご質問・ご意見は/e-mail:jdesk@japanitaly.com
www.japanitaly.com
(C)Japan Plus Italy Co.,Ltd All right reserved.