JAPAN-ITALY Business On-line
0 BUSINESS ON-LINEITALY NEWS

COFFEE

2006/1/30

HOTなエスプレッソITALY WEB SITE編集BACK NUMBER


HOTなエスプレッソ 



田中ちひろ

京都生まれ 大阪外国語大学イタリア語科卒業、88年イタリアのシエナに留学。91年よりミラノ在住。 著書「普段着のミラノ案内」(晶文社)をはじめ、新聞、雑誌、インターネットサイト等に執筆。三井住友海上ミラノオフィス勤務。 

 

46. イタリア人のダイエット

つい先週 我が家のすぐ近くにまた日本食レストランができた。また、というのは、すぐ通りの裏側にも1軒あり、さらに広場の向こうまで行けばまた1軒と、ここ数年のうちに我が家の周辺だけでも10数件の日本食のレストランができたからだ。ミラノっ子にとって日本食とは油を使わなくて新鮮で、ダイエットにぴったりな料理で、その上きれいな和食器や和のインテリアは粋でしかも心にやさしい(ヒーリング)というところらしい。
こうして日本食がミラノっ子の間に浸透したのは、このブームに乗って日本人というよりむしろ中国人が日本食レストランを手ごろな値段でどんどん出したというのも一役買っている。 

ところでイタリアで外食文化が発達するのは非常に難しい。
ミラノに来た当初、ミラノは他の町に比べて驚くほど外国料理のレストランがあるんだよといわれて調べてみたら、世界のどこの国でも最高のランクに入れられるフランス料理の店がたったの2軒、タイ料理、ロシア料理、韓国料理もそれぞれ1軒だったのでとても驚いたのを覚えている。(中華料理だけは例外で、これだけはイタリアのどこに行っても必ずあった。)
どうしてなの?と聞いてみると、皆が口をそろえて「イタリア料理はこんなにおいしくて奥が深いのだから、他の料理を食べる必要がない」といわれたものだった。
特に地中海式ダイエットと呼ばれる南イタリアの料理は、バターや生クリームではなくオリーブオイルをつかって、良い食材の持つ味をそのまま味わうように料理するから最高なんだというわけだ。(聞くところによると、オリーブオイルは生でとるとコレステロールを下げるらしい)。
確かにイタリア料理はおいしいし、日本人の口に合う。お米もごく普通に毎日の食卓に上るし、食材も本当に豊かだ。その自然の味をできるだけ生かした料理という点では日本食に通じるところがあるかもしれない......
それでも、イタリア第2の都市、国際性という意味では第1の都市ミラノで、外国料理が食べららないなんて...と欲張りな私は結構こだわっていたものだ。
幸い最近では、ミラノっ子もバカンスで世界のいろんなところへ出かけるようになり、いろんな料理に対する抵抗が減ったのと、そしてもうひとつ、アラブ諸国やアフリカなど多くの移民が自国の料理のレストランをはじめたことも多くなって、少なくともミラノではいろんな国の料理を食べ比べる楽しみが増えたようだ。

そんな中でつい最近ある新聞で「ヨーロッパの食に関するアンケート」というのがのっていた。ヨーロッパ20カ国の2万1千人を対象にしたこのアンケートではお国柄が出ていて実に面白い。

それによると、イタリア人の42%がフランス料理は評価が高すぎるといい、90%の人たちが毎日自分の家で料理(イタリア料理のはず)を作っているという。3人に一人が食事と一緒にワインを飲み、イタリア料理が太らないためには一番いいと信じている。やっぱりイタリア料理への忠誠は変わっていないわけだ。
フランスはというと、食事中ワインを飲む男性は28%、一方女性は98%が水を飲む。ワインを飲む人は減っている。そして22%が確かにフランス料理は過大評価されすぎと認めている。ドイツ人やオーストリア人、そしてチェコ人が食事中に飲むのはジュースかビール、イギリス人、ロシア人、トルコ人はお茶。
全体の40%の人がハンバーガーを代表とするアメリカの食事が一番太って身体に悪いと信じ、なんと5人に1人は中華料理が最も太らない料理だと思っている。
まさにところ変わればというところだが、ダイエットに関して言えば、イタリアでもアメリカの料理が最も太るというのはもう常識に近い感じだが、ダイエットに中華料理が上がることはなく、イタリア全体では地中海式ダイエット、そしてミラノではおそらく日本食が一番なのかもしれない。

クリスマス、お正月で食べ過ぎて1月中旬からダイエットを始めたという人が周りにもいっぱいいるが、イタリア人のダイエットはなんとなくおきらくだ。
りんごだけとかで精神力と戦ったり、厳しいカロリー制限をしたりという悲壮感が全くない。
しばらく夜はパスタをやめて肉だけにするとか、今週はチョコレートケーキを抜きにするとか、それから、そう、おすしを食べに行く。

 


2006/2/28

ITALY WEB SITE 
英語で楽しめるイタリアの注目WEBサイトの紹介


http://www.eni.it/home/home_en.html
ENI (Ente Nazionale Idrocarburi) イタリア炭化水素公社の公式サイト。



イタリアのエネルギー供給を統括する組織。イタリアでは原子力発電を国民投票で廃止しエネルギー源をすべて海外に依存している。
最近のロシアからの天然ガス供給量の減少、石油価格高騰の厳しいエネルギー事情の中でENIの動向が注目されている。



2006/2/28
編集後記
- 旅行代理店とインターネット予約 - 

私の仕事場のある建物の1階に旅行代理店の店舗がある。仕事柄、イタリア国内の出張の機会が多いため、航空券、列車の切符を気軽に買いに行けるこの店はこのうえなく便利な存在だった。毎週のようにここのお世話になる時期もあり、店長以下スタッフともすべて顔なじみ。ただ、このところ、道で顔をあわせるとなんだか申し訳ない気持ちになる。切符はインターネットで購入するようになって、この店に行くことがほとんどなくなったからだ。

1年ほど前から、飛行機の国内線は、すべてサイトから直接予約するようになった。出張や旅行の日程が決まるとアリタリアとAIRONEのサイトで行き先と往復の日程をいれてお得な切符をさがす。価格の低いものからいくつもの選択肢がでてくるので便利。カードで決済し、航空会社からの確認メールをプリンターで印刷すれば完了だ。

一方、イタリア国鉄は、3〜4年前に開設された驚くほど機能的なサイト(www.trenitalia.it)のおかげで時刻表検索は楽になったが、切符の購入はあいかわらず階下の店舗で行っていた。ところが、ある金曜日の夕方5時半をすぎたころ、あわてて翌月曜の朝に出発する列車の切符を買いにいくと、イタリア国鉄専用端末が動かないという。端末が動かないのはよくあることなので普段なら「Vediamo, piu' tardi」(「様子をみましょう、また後で」)ですむのだが、すでに金曜の夕方。店舗は6時でしまる。土日は店舗休み。「どうしたらいいの、中央駅まで買いにいかなければならいなんて」とぼやくと、「自宅のPCから直接購入してみては」と店の人がいう。
うまくいくかしらとやや不安ながら試みると、予約もカード決済も極めてスムーズにいく。予約後、確認メールが届き、それを自分でプリントするところまでは飛行機と同じ。列車の場合は、駅では何の手続きもせずそのまま該当列車に乗り込み自分の席に座る。車掌がまわって来た時にその用紙をみせる。車掌がプリンター付き小型端末に私の予約コードをいれると列車料金領収書を印刷した紙がでてくる。なんと便利になったものかといたく感心しインターネット購入党になってしまった。

しかし、インターネット購入は便利なばかりではない。予約購入は簡単でも、変更内容によってはサイト上や電話では変更できないことがわかった。つい最近、ミラノ・ローマ間のユーロスターの切符を買うつもりが、手がすべって次の欄にあった5分後に出発するインターシティの切符を買ってしまった。ユーロスターで4時間半のところがインターシティでは6時間もかかり冗談ではない。自分ながらなんと間抜けなミスをしたことかと呆れながら、コールセンターに電話をすると、列車の種類や行き先の変更は電話ではできず、中央駅に行くしかないという。結局、往復1時間かけて中央駅に行き、30分並んで切符を変更という目にあった。帰りの道々、ユーロシティとインターシティの時間の差と同じ時間をこの切符交換作業にかけていたことに気づき唖然とした。この店で買っていれば、いくら私がボンヤリしていても店員が気がついてくれるのでこんなミスも起こり得なかったかしらと思いながら階下の旅行代理店の前を通った。

2006年2月28日
JIBO編集室
大島悦子


TOP

HOTなエスプレッソITALY WEB SITEBACK NUMBER

ご質問・ご意見は/e-mail:jdesk@japanitaly.com
www.japanitaly.com
(C)Japan Plus Italy Co.,Ltd All right reserved.