JAPAN-ITALY Business On-line
0 BUSINESS ON-LINEITALY NEWS

COFFEE

2005/10/28

HOTなエスプレッソITALY WEB SITE編集BACK NUMBER


HOTなエスプレッソ 



田中ちひろ

京都生まれ 大阪外国語大学イタリア語科卒業、88年イタリアのシエナに留学。91年よりミラノ在住。 著書「普段着のミラノ案内」(晶文社)をはじめ、新聞、雑誌、インターネットサイト等に執筆。三井住友海上ミラノオフィス勤務。 

 

45. 2006年ワールドカップサッカー、イタリア出場

10月8日 シチリアの州都パレルモでおこなわれたイタリアVSスロベニア戦。
後半33分 コーナーキックからのボールをディフェンスのザッカルドがヘディングでシュートして1点、 イタリア・ナショナルチームの2006年ワールドカップ出場が決定した。

「予選はアンティパスト(前菜)」とリッピ監督は話していたが、確かに技術においても経験においてもイタリアの選手たちのレベルの高さは皆が認めているとは言うものの、その自信過剰が思いもよらぬミスを引き起こして涙を呑んだことが過去に何度もあったことをみんなよく知っているだけに このニュースにはイタリア中が本当にほっとした。

ヨーロッパ予選には主催国ドイツを除く51カ国が参加をし、いままでのところヨーロッパ勢に与えられた14の枠の8つまでが決定したが、オランダ、イングランド、ドイツなど油断を許さない強敵の名が並んでいる。
4年前と違ってアフリカからはトーゴ、ガーナ、コートジボアールなど初出場の国が続出し、その一方で 優勝候補ブラジルやアルゼンチンは相変わらず健全である。
厳しい試合が数多く予想されるだけあって、ナショナルチームの最終メンバーの最終決定は来年の6月の初戦の前日までされないのだそうだ。
この8ヶ月の各選手の言動、試合に最高のコンディションで臨むための自己管理、そういったすべてを判断したあとで、土壇場のメンバー変更もありという厳しさだ。
そんなイタリアのチームが、4ヶ月前に早々と出場が決まっている日本チームとぶつかることがあるかどうか....いずれにしてもいまからとっても楽しみだ。

さて、来年の6月9日にミュンヘンで行われる初戦からその1ヵ月後ベルリンで行われる決勝戦まで 一般のイタリア人もなかなかどうして大変そうだ。
「もし、イタリアが決勝までいったら、そのときにヴァカンスに行っているわけにはいかない」と いまからヴァカンスの日程の変更を計画し始めた友達がいる。
「イタリアの試合の日は会社を休む」とすでに皆に宣言した同僚がいる。
「飛行機が結構高いんだ」と応援ツアーを組むのに今から苦労をしている人たちがたくさんいる。
今回のワールドカップ観戦は 4年前の日本韓国共同開催のときと違って、開催国がドイツなので時差がないから イタリア人にとっては楽ではあるが、逆にどの会場も飛行機で1時間足らずのところにあるとあれば、生で見たいという気持ちも強くなって当たり前なのかもしれない。

最近はイタリアでプレーをする日本人選手がほとんどいなくなってしまったが、それでも年々日本人選手の評価はイタリアでも上がっていて、ワールドカップ公式サイトでは注目すべきプレーヤーとして田中選手と大黒選手の二人の名前がのっているくらいである。
日本VSイタリアがあればみてみたいなぁなんて興味本位でチケットの状況を調べてみた。

チケット販売は5回に分けて行われ、この12月から3回目の販売が開始されるのだそうだ。前2回の販売は試合の組み合わせなどが未定のままの販売だったが、今回の販売は試合カードを確認して、しかも試合別のシングルチケットを自由に選べるため 抽選があるとはいうものの大変な応募者になるらしい。
値段は初戦の一番いい席が300ユーロ、決勝は600ユーロ(場所を選ばなければそれぞれ65ユーロ、120ユーロ)と決して安くなく、これだとヴァカンスと天秤にかけなくてはいけないひともいっぱいいるのかも....

ところで たとえスタジアムに行って生で試合を観戦することができなくても、イタリアの町の中でイタリア人に混じってこの時期過ごしてみるのも悪くない。
普段は町ごとのチームのトーナメントで分裂し、イタリア人の自覚なんてまったくない人々も このワールドカップのときだけはいきなりイタリア人であることに目覚め、固く団結するからおもしろい。
試合中はみんな広場に集まって一緒に観戦するか、仲間と集まってどこかの家で観戦し、勝てばみんな待ちに繰り出してはクラクションを鳴らして大騒ぎをする。
イタリアを応援する人は みんな友達、みんな仲間、それはたまたまそこに居合わせた外国人でも同じこと。スポーツは国境を越えて人々を結ぶもっとも手っ取り早い手段なのかもしれない。

ところでワールドカップ出場で湧くイタリアにもうひとつ、サッカー絡みのホットなニュースが飛び込んできた。
元ACミランの代表的選手 ジョージ ウェアが祖国リベリアの次期大統領選に立候補するというのだ。
ウェア選手は、何年も続くリベリアの内戦、目の前で殺されていった兄弟や幼い子供が銃を持つ姿を見るたびに、何か自分にできることはないかといつも問い続けてきたという。
リベリアに平和と水と薬と学校を届けたい、そんな思いをこめての立候補。
祖国を遠く離れたヨーロッパで数多くのゴールを決めて世界中のファンを魅了した彼の生涯をかけてのシュートを国境を越えて平和を願うファンたちが暖かく見守るに違いない。

 


2005/11/30

ITALY WEB SITE 
英語で楽しめるイタリアの注目WEBサイトの紹介


http://www.torino2006.org/ENG/OlympicGames/home/index.html
TORINO 2006 トリノオリンピック公式サイト


2006年2月10日から25日までピエモンテ州で開催される第20回冬季オリンピック、TORINO 2006のサイト。同オリンピックに関する最新情報満載。関連グッズもオンラインで購入可能。



2005/11/30
編集後記
- イタリアの「日本食レストラン」 - 

仕事柄イタリア各地を出張することが多いが、日本人とみると最近どこにいっても、話題となるのが、『日本料理Cucina Giapponese』についての話だ。ミラノでは『日本食レストラン』と名乗る店が少なくとも60軒はあり、日本食というと「魚料理」「ヘルシー」『価格が高い』というイメージがミックスして、スノッブで新しい物好きのミラネーゼにとっては「ステータス」化している。したがって「おすすめの日本食レストランはどこ?」という質問を受けてもまたかということであまり驚かない。しかし、サルデニアの孤島で、あるいは、南イタリアのプーリア州で列車にのりあわせた地元の人から「日本食が好き」といわれると日本食ブームもここまできたかと、ちょっとした感慨にひたってしまう。

ところで、ミラノの場合、数ある「日本食レストラン」もいくつかのグループに分けることができそうだ。第一グループは、古くは30年以上も前から、まさに日本食のパイオニアとして日本人経営者により開店された老舗のお店、あるいは、プロの日本人料理人が厨房をあずかっている店。一部の日本愛好家を除き、イタリア人の間で日本食や日本文化について特に関心のなかった時代から、真の日本の味を伝えることに貢献してきたお店だ。
次が、中国料理店による日本料理兼業のお店で数年前に続々と開店した。私の仕事場のそばにも、昨日まで普通の中国料理店だったところが、ある朝、突然、「RISTORANTE GIAPPONESE」と看板を変えていたのには驚いた。
もう一つのグループが近年増えてきたイタリア人が経営するMADE IN ITALYの日本食レストランだ。厨房には日本人の料理人をおいている場合もあるが、イタリア人がお店の経営、店舗デザインやコンセプトを統括している。イタリア人の考える『日本』のイメージがファンタジー豊かに表現されている店もあれば、モダンなイタリアンスタイルのお店もある。

経営者や料理人が日本人でない日本食レストランの場合、正直驚くようなことも多い。たとえばお昼に『寿司』を頼んだら、お茶碗に山盛りの白いご飯がついてきた。「天ぷら」にも『刺身』にも『ご飯』がつくのだから、『寿司』にも同様にということなのだろう。「味噌ラーメン」とメニューにあるので期待して注文したら「味噌汁のような汁」に「うどんのような麺」が入っていて唖然としたこともある。

でも日本におけるイタリア料理の変遷を振り返ってみると、似たようなことを我々もやってきたように思える。小学校の給食のつけあわせの「マカロニ・サラダ」にはじまり、大学生のときに通った喫茶店でのケチャプ味の「スパゲッティ・ナポリタン」。どちらも私の好物だった。でも、イタリア人が食べたら何といっただろうか。

2005年11月30日
JIBO編集室
大島悦子


TOP

HOTなエスプレッソITALY WEB SITEBACK NUMBER

ご質問・ご意見は/e-mail:jdesk@japanitaly.com
www.japanitaly.com
(C)Japan Plus Italy Co.,Ltd All right reserved.