JAPAN-ITALY Business On-line
0 BUSINESS ON-LINEITALY NEWS

COFFEE

2005/7/1

HOTなエスプレッソITALY WEB SITE編集BACK NUMBER


HOTなエスプレッソ 



田中ちひろ

京都生まれ 大阪外国語大学イタリア語科卒業、88年イタリアのシエナに留学。91年よりミラノ在住。 著書「普段着のミラノ案内」(晶文社)をはじめ、新聞、雑誌、インターネットサイト等に執筆。三井住友海上ミラノオフィス勤務。 

 

44. マトゥリタ - イタリアに試験が求めるもの

"旅、人間の内面を豊かにし、楽しみを与え、そして時にはわき道にそれることもある、人生に喩えたところの旅というもの” これが今年のイタリアの全国高校卒業試験で もっとも好まれ選択された国語(イタリア語)のテーマだった。

去る6月22日から約一週間にわたってイタリア全国で高校卒業試験なるものが行われ、イタリア全国約48万人の高校生が受験をした。
アクセサリーはもちろん、大人顔負けのお化粧をしたり、おへそを出したTシャツをきてタバコをすったりする生徒たちは、どう見ても高校生には見えないが そんな彼らが普段には似合わず緊張している姿はなぜかほほえましいものだ。

ところでイタリアのこのマトゥリタと呼ばれる全国卒業試験はいくつかとてもユニークな点がある。
まずすべての高校が 日本の普通科にちかいクラシック科、商業科、工業科、芸術科すべてがみんな一斉に試験を受けること、口答試験の比重が高いこと、そして採点する先生の個人的な感情に点数が左右されないように全国の先生がまざって6人の試験管が評価に当たることなどがある。
試験は4部にわかれ、第1部がすべての受験者共通イタリア語の試験、2部がクラシック科ならラテン語の試験、商業科なら数学や簿記とそれぞれ各専門の分野の試験で ここまでは全国共通の試験内容である。 そして3部からが試験管になる先生たちが決める試験、つまり学校によって内容が違う試験で、最後がすべての筆記を採点した後の口頭試験、ここでは自分の選んだテーマなどについて自分の意見を述べることになる。

冒頭の”旅”のエッセイはこのマトゥリタ試験の第1部イタリア語の試験で いくつか選択肢として与えられたテーマのひとつだった。
生徒たちは自分が答えやすそうなテーマを選び、選んだテーマについてのエッセイや記事を読み、それについて自分の意見を自由に書く、いわゆる論文の試験である。与えられる時間は最高6時間まで。
ところでこのテーマ、選択肢にあったのは、「ダンテの天国編の第17章」、「ヨーロッパのナショナリズムの崩壊と統合の過程について」、「自然災害、つなみの報道記事」、「ヨーロッパとアメリカの比較」、また「アインシュタイン」.....などと 実は結構難しくてびっくりする。
そして多くの生徒が選んだのは、学校の授業でやったダンテの解説よりも、上記の”旅”と”津波”だった。

正解のある丸バツ回答ではなく、イタリアではいつも重視される自分で判断する能力、そして筆記でもそうだが、さらには口頭で 自分の意見を述べ、討論ができる能力。
そういった能力を イタリア人は小学校のときから度重なる口答試験で 緊張するのを克服する練習をしたり、涙をこらえて再試験を受けたり、そういうことを繰り返して身につけていく。
日常生活でも どんな些細なことでもイタリア人は自分の意見をのべ、そして相手の意見を必ず聞きたがる。意見がない人は相手にしてもらえないのだ。

まもなくバカンスの季節。旅の季節。今年の旅は自分の人生のどんな節目になるのだろうか、そんなことをビーチやディスコで語る彼らの姿が目に浮かぶようだ。

 


2005/7/1

ITALY WEB SITE 
英語で楽しめるイタリアの注目WEBサイトの紹介


http://www.mostradelgelato.com/linea58/
「国際手作りジェラート見本市」公式サイト


今年、46回目を迎えるという『国際手作りジェラート見本市」の紹介サイト。
11月27日から30日まで、北イタリア・ヴェネト州のベッルーノで開催される。

「ジェラートの世界」『世界のジェッラテリア(アイスクリーム屋)」などジェラートに関する情報満載。 暑い夏、せめてサイト上で、ジェラート(アイスクリーム)に浸るのはいかが?



2005/7/1
編集後記
- エディーコラ(新聞雑誌スタンド) - 

イタリアにいても日本にいても、『新聞を読むこと』と『TVニュースを見ること』が好きという味気ない趣味を持っている私にとって、新聞宅配の普及していないイタリアでは、毎日どうしても通わなければならないのが、街角のエディーコラEdicola(新聞雑誌スタンド)だ。

イタリアに来て最初のころは、日本の新聞も読みたくて、高い購読料を払って日本の新聞のヨーロッパ版を購読した時期もあった。一方、日本に戻っている間も、イタリアの新聞を読もうと取り寄せたりした時期もあった。しかし、二兎をおっても結局無理と観念し、近年は、イタリアにいるときはイタリアの新聞だけ日本のニュースはインターネット版を覗く程度とし、日本にいると日本の新聞だけを読むというスタイルに落ち着いてきた。

とはいえ、私のような『新聞好き』人間は、イタリアでは少数派。そのかわり、雑誌が国民メディアとして発展してきた。特に影響力のあるのが週刊誌でとりわけ週刊「NEWS情報誌」が大きな位置づけを持っていて、他国における新聞の役割を補完しているようだ。永遠のライバル「パノラマ」と「エスプレッソ」があわせて約90万部市場を維持し、キリスト教系の「ファミーリア・クリスティアーナ」が単独で76万部を誇り全国津々浦々まで浸透している市場に、最近新たに「NEWS」という新雑誌も登場し活気を競っている。週刊テレビガイドもよく売れているので、何も毎朝、新聞を買わなくても、テレビガイドと週刊「NEWS」誌、そして毎日の事件はTVでみれば沢山というのが大方のメディア利用スタイルなのかもしれない。

いついっても誰かがいるエディーコラも、7月から8月にかけて地域内で順番に2-3週間ずつの夏休みに入る。7月末からは、ミラノ市内の小売店も飲食店もほとんど夏休みに入り、日頃の買い物はスーパーマーケットだけが頼りとなる。

JIBOも8月は夏休みとさせていただきます。9月に元気でおめにかかりましょう。 Buone Vacanze ! A Settembre !

2005年7月1日
JIBO編集室
大島悦子


TOP

HOTなエスプレッソITALY WEB SITEBACK NUMBER

ご質問・ご意見は/e-mail:jdesk@japanitaly.com
www.japanitaly.com
(C)Japan Plus Italy Co.,Ltd All right reserved.