JAPAN-ITALY Business On-line
0 BUSINESS ON-LINEITALY NEWS

COFFEE

2005/5/15

HOTなエスプレッソITALY WEB SITE編集BACK NUMBER


HOTなエスプレッソ 



田中ちひろ

京都生まれ 大阪外国語大学イタリア語科卒業、88年イタリアのシエナに留学。91年よりミラノ在住。 著書「普段着のミラノ案内」(晶文社)をはじめ、新聞、雑誌、インターネットサイト等に執筆。三井住友海上ミラノオフィス勤務。 

 

43. SUPER ENALOTTO

1-29-49-53-56-74 ジョーカーは67。イタリアのSUPER ENALOTTOと呼ばれる数字を当てる賭けで 今週ミラノから72,000,000ユーロの当たりが出た。
7千200万ユーロ、実際には700万ユーロそこそこのものが10個、一人当たり日本円にしてざっと9億5千万円の当たり。 

このスーパー・エナロットと呼ばれる数字の賭けはイタリアではサッカーの試合結果を当てるトトカルチョとならんで イタリア人が大好きな遊びである。
1から90まである数字の中から好きな数字を6つ選んで賭け 毎週水曜日と土曜日の2回 テレビで がらがらっと抽選機を回して当選数字が発表されるのである。
もちろん、6つ以上の数字を選んで賭けることも可能で、それなら当たる確率が高くなるはずだが、当然のことながら賭け金も上がる。
ちなみに今回の当選番号は ミラノの小さなBARのオーナーの息子がコンピューターでいくつかの組み合わせをあらかじめ10枚作った既製品、つまり、今回あたった人は 自分で番号を選んで用紙の上で数字を塗りつぶすことすらせず カウンターにぶら下がっていたその出来合いのものを 12ユーロ払って買っただけの人たちだった。

ところで 賭博とはいわなくても 賭け、というと日本ではあまり良いイメージがないが、イタリアではこのエナロット、ごく普通の人がごく普通にするもので、全くもってゲーム感覚で楽しめる。
たとえば、イタリアには平日の午前中、10時過ぎにいったん仕事を中断してBAR(コーヒーショップ)へコーヒーを飲むに出かける習慣があるが、トトカルチョやエナロットはこのBARで気軽にできるのだ。このコーヒーブレイクは基本的にカウンターでの立ち飲みなので コーヒーを注文しておいて 待っている間に横の小さなカウンターで用紙を取って数字を塗りつぶし コーヒーのお金を払うときに一緒にその用紙を専用の機械に通してもらうだけ。
実際私の同僚や友達もコーヒーを飲みにいくときは コーヒーのついでに1ユーロ(最低の掛け金は1ユーロ)、夢を買うには安い値段だ。
もうこれがすっかり日課で、10年以上もずっと同じ数字を賭けている人を何人も知っているが、そんなに大きな額ではないが、これが結構当たるんだそうで、そんなことがまたやめられない理由になっているとか。
イタリア国民あげての遊びといっても大げさではないこのエナロット、もちろんとても真剣にやっている人も多くて、どの番号がよく当たるかとか、どの番号が何週間出ていないかとか、ありとあらゆる分析を仕事にしている専門家もいるそうだ。

それにしても今回の9億5千万という額はあまりに桁外れの当たりなので、このニュース、あっという間にイタリア中を駆け巡り、当選番号を出したBARでは深夜までシャンパンを抜いての大はしゃぎとなった。 当選した10人のうちの一人は 57歳の機械工の男性で、テレビを見ながら当選を知ったときは気を失いそうになったらしい。
9億5千万の使い道は?との質問に、自分の生まれ故郷(南イタリア)に帰って海の近くに家を買うという。もともとこの7月に引退、年金生活に入る予定だったという彼は もうその予定で田舎に家を買っていて、だからこれは別荘なのだそうだ。それから弟の借金を返してあげて、で、車はフィアットからメルセデスに乗り換えるそうだ。あと 奥さんに何でもほしいものを買ってあげて 二人でいろんなところへ旅行して、で、残りは13年前に難病で無くした娘の看病をしてくれた病院に寄付する。年金で細々と暮らしていた老夫婦も当たった一人だというが、いずれもまじめに地味に働いてきた人たちだからなのか 周りの受け止め方も ねたみや羨望はあまりなく 本当に良かったねという感じで気持ちがいい。

ところで当選者の何人かは そのBARにありがとうと電話をしてきたというが、まだ名乗りをあげていない人のほうが多いので、ミラノっ子は皆 残りは誰なのかが知りたくて好奇心の塊になっている。
9億5千万円当たったらあなたはどうする?そんな夢見心地の会話が飛び交う中、あなたのまわりでだれかそっと姿を消したら、もしかしたらその人が運のいい当選者かもしれない....

 


2005/5/15

ITALY WEB SITE 
英語で楽しめるイタリアの注目WEBサイトの紹介


http://www.altagamma.it/corpo_eng.asp
ALTAGAMMA アルタガンマ



イタリアを代表するファッションや食品分野の高級ブランドメーカー56社から構成される協会。イタリアン・ライフスタイルの世界への発信を目的に1992年に創立された。「ALTA GAMMA」 は、英文では「HIGH END]の意味。



2005/5/15
編集後記
- スリランカ人と「ゲンバ」 - 

仕事場と最寄りの地下鉄駅の間に、若いスリランカ人夫婦の経営している「仕立て屋」(サルテリア)がありなかなか繁盛している。仕立て屋ということで小さなショーウインドには、ジャケットや洋服の仕立て見本が飾られているが、私のみるところ、大半の客はズボンやスカートの裾直しや、サイズ直しなどのためにこの店を訪れている。ミシンかけも、針仕事も苦手な私も時折この店のお世話になっている。もちろん、イタリアでも購入店でも手直しは引き受けているがかなり高いし、少なくとも1週間はかかる。

一方、この仕立て屋は安くて早い。朝から晩まであいている。「急ぐのだけど」というと、買い物のついでに持っていって帰りまでにすませておいてくれるし、その場でやってくれることもある。店内には日本製JUKI工業用ミシンが4台並んでいて、客からあずかったズポンやジャケットがところ狭しと雑然と積まれており、アジア的雰囲気が漂っている。

5月のはじめ、洋服のファスナー部分がほどけてしまって、久しぶりにこの店を訪れた。あれ、いつもの店主がいない。代わりに背の高い中年の男性が店をとりしきっている。店主はスリランカに一時帰国中なので、店主の代役をしているという。
その場で、ほどけた部分にミシンをかけてもらいながら、一言二言はなすと、「日本人か」ときく。「自分は日本で仕事をしていたことがある」というので「え?」というと、立派な黒い革カバンから、大事そうにスナップ写真をとりだし、名古屋駅の地下鉄通路でとった写真を見せてくれた。スリランカで縫製工場に勤めた後、1990年から4年間、愛知県の名古屋市と近郊で働いていたという。そして94年に国にかえって自分縫製工場をつくって、60名の従業員をかかえるまでに工場を成長させたといって、そのころの工場や大勢の従業員を従えて真ん中で笑っている写真もみせてくれた。ところが2001年になって、スリランカ政府が安いインドの縫製品の輸入を自由化したため、やっていけなくなり縫製工場は閉鎖したという。

つい、好奇心で「名古屋では何をしていたの?」ときくと、「ゲンバ」という日本語の答えが戻ってきたのでびっくりした。日本語の単語を少し知っているという彼は、「ゲンバ」という言葉を仕事の職種を指す言葉と思っているようだった。「ゲンバの仕事って、具体的にはどんなことをしていたの」と改めてきくと、「最初はコカコーラのプラスチックケースをつくる場で製品の点検をやった。あまり賃金がよくなかった。その後、建設関係の金属板をつくる工場の「ゲンバ」仕事に移った。仕事はきつかったけれど楽しかったし、賃金がよかった。4年間の稼ぎで、国に縫製工場をたてることができたという。最後に、「日本はすばらしかった。日本人はとても親切だった。イタリアよりいい」そういって、日本の友人夫妻と楽しそうに食事をしている写真をみせてくれた。

ちょうど前日の5月5日、ミラノのボッコーニ大学の講演会で奥田会長の講演の中でも「現場」重視のお話があった。(「ズームアップ」参照) 日本の財界トップの話された「現場」、スリランカからの工場労働者の語る「ゲンバ」、いずれも舞台が愛知県という偶然性もあり、この言葉、妙に印象に残った。 使われた意図もシチュエーションも異なるが、この言葉、日本のものづくりを語るユニバーサルな「キーワード」となっていることを実感した。

2005年5月15日
JIBO編集室
大島悦子


TOP

HOTなエスプレッソITALY WEB SITEBACK NUMBER

ご質問・ご意見は/e-mail:jdesk@japanitaly.com
www.japanitaly.com
(C)Japan Plus Italy Co.,Ltd All right reserved.