JAPAN-ITALY Business On-line
0 BUSINESS ON-LINEITALY NEWS

COFFEE

2005/3/01

HOTなエスプレッソITALY WEB SITE編集BACK NUMBER


HOTなエスプレッソ 



田中ちひろ

京都生まれ 大阪外国語大学イタリア語科卒業、88年イタリアのシエナに留学。91年よりミラノ在住。 著書「普段着のミラノ案内」(晶文社)をはじめ、新聞、雑誌、インターネットサイト等に執筆。三井住友海上ミラノオフィス勤務。 

 

42. ベストセラーに思う

最近本といえば 世界的にヒットした ダン・ブラウン著の「ダ・ヴィンチ コード」が有名だが、イタリアではその影で1年以上も静かにベストセラーの座を維持し続けている本がある。
「Un alto giro di giostra」(メリーゴーランドをもう1周)。
ベストセラーになる本には珍しく、580ページもある厚い本で しかもミステリーや一気に読んでしまえるタイプの小説ではなく、むしろその正反対で少し読んではじっくり考えたり思いを巡らしたりと、とても内省的で内容の深いエッセイだ。
著者テルツァーニは ドイツの新聞社に勤め 30年近くも中国、インド、東南アジアの国々に通信員として住んだ経験があり、同時にアメリカやヨーロッパともかかわりの深い、文字通りの国際ジャーナリストであった。日本にも住んだことがある。
話は そんな彼が 59歳のとき 癌の発見とそして残り少ない時間を宣告されるところから始まる。
ジャーナリストという職業柄、医学分野の知人は世界中にあったため 癌を治すためならと世界中のありとあらゆるところへ出かけていく。 ニューヨークでは癌専用の化学療法、カリフォルニアではホメオパティー(同毒療法)、プラノテラピィー、タイでは断食療法を試し、インドではヨガのアシュラムへ出向いたり、地元の仙人、あるいは人を癒すシャーマンのような人がいると聞けばどんなところでもたずねていった。中国の漢方、気功、インドに古くから伝わるインド医学やチベットの医学.....

それぞれの文化はそれぞれに 病気というものに対する考え方や痛みとの向き合い方をもっている。
病気を悪と見る文化、病気を運命と見る文化、ある文化では病気は克服すべきチェレンジで、また別の文化では共存すべき自分の一部と見る。
そして それらの考え方はそれぞれの医師や治療法を生む。
患者を 人としてではなく、癌という病気としか見ず、それをいかに退治するべきかという観点でしか見ない医師がいる一方で、特別な治療は一切せず 癌からのメッセージにひたすら耳を傾けて、人生の意味を探ろうとする人たちがいる。宇宙と一体になることで真の心の健康をひたすら求める団体があるかと思えば、心の持ち方で自然の治癒力を高める技術もあるし、またそれをありとあらゆる化学、薬品でしようとする動きもある。
さまざまな文化の中に生きるさまざまな医療関係者、同じように病で苦しむ人たち、あるいはその周りを取り巻く人たちに出会いながら 彼の治療を求める旅は次第に自分の内面を求める旅に変わっていく。故郷イタリアにノスタルジーを感じながらも 彼の旅は終わりを知らない。
やがてヒマラヤの仙人に偶然出会い、そこから内面の調和に目覚めていく著者....
人生に意味がないものはないのではないか、人生に偶然というものもないのではないか、生きるということはどういうことなのか、その永遠のテーマを580ページのその厚い本の中で常に自問する著者に 読者は自分を重ねていくにちがいない。

そういった本がイタリアでずっとベストセラーと聞いてはじめは正直言って意外だった。もう2度も3度も読んだという人もとても多いと知って2度びっくりした。
イタリア人といえば、サッカーやヴァカンスやといつもご機嫌で そのときそのときを楽しめればいいという軽いイメージが強いが、しかしよく考えてみれば、彼らほど人生をよく、楽しく生きることにこだわる人々は少ないかもしれない。科学技術が絶え間なく進歩する世界の中にあっても、新しいものになかなか飛びつかない、いつも人間的なものにこだわる、そういう頑固な一面を持っているのもイタリア人だった。
長いようで短い人生をどういう風に生きていきたいのか、その人類共通のテーマ、そしてその意味を模索するのに文化も国の違いもないことを 改めて思い出させてくれたちょっと嬉しい出来事だった。

 


2005/4/01

ITALY WEB SITE 
英語で楽しめるイタリアの注目WEBサイトの紹介


http://www.cosmit.it/webapp/cosmit/command/site/ShowSite?siname=Cosmit&lgrfnbr=1
ミラノ国際家具サロン2005
Salone Internationale del Mobile



2005年4月13日から18日からミラノ国際見本市で開催。世界中から建築家、デザイナーが大集合し、見本市会場内だけでなく ミラノ市内がさまざまな関連イベントの舞台となる。EUROLUCE(照明器具の見本市) EUROCUCINA(キッチン厨房見本市)も併催。



2005/4/01
編集後記
- エノテカとワイン・バー - 

SOLCI’S(ソルチス)は、ミラノの老舗「エノテカ」(試飲のできるワイン販売店)の代表格。現在の店主、二代目のピエロ・ソルチ氏に「お店の歴史は」とうかがうと「何日間時間がありますか。歴史を語るには?」といわれてしまった。それだけ、この店の歴史は長い。

創設は1938年にさかのぼる。同年、チェーザレ・ソルチ氏がイタリア各地のワインとオリーブオイルの販売店を創立した。1971年に息子のピエロ氏とアンジェロ氏が、イタリアをはじめ世界中の上質ワインを集めた「エノテカ」を開業。ワインの試飲、講習会、ワインのオークション、展覧会、ファッションショーなどワイン文化啓蒙の拠点としても広く知られている。自慢は、州別テーマ別のワイン試飲やディナーの開催。

4年前には、エノテカの隣に、ワインバー「Solci’s Wine Bar」をオープンした。より気軽に、広範囲の人々にワインに親しんでもらうためだ。ここでは、エノテカで扱っているワインをグラスで飲むことが可能で、イタリア各地のチーズやサラミなど特産品とともに楽しむことができる。ミラノのワインバーとしては走りの一つ。このワインバーの運営はダビデ氏の役割。ダビデ氏は、三代目の娘婿。
創立者がワイン卸商、2代目がエノテカ、3代目がワインバーと、時代を先取りする形でソルチ家のワイン・ビジネスは発展しているようだ。 エノテカの片隅には、創立者が使っていた「レジ」が大事に保管されている。レジには「GIUGNO 38」すなわち、「1938年6月」と印字されている。

2005年4月1日
JIBO編集室
大島悦子


TOP

HOTなエスプレッソITALY WEB SITEBACK NUMBER

ご質問・ご意見は/e-mail:jdesk@japanitaly.com
www.japanitaly.com
(C)Japan Plus Italy Co.,Ltd All right reserved.