JAPAN-ITALY Business On-line
0 BUSINESS ON-LINEITALY NEWS

COFFEE

2004/12/01

HOTなエスプレッソITALY WEB SITE編集BACK NUMBER


HOTなエスプレッソ 



田中ちひろ

京都生まれ 大阪外国語大学イタリア語科卒業、88年イタリアのシエナに留学。91年よりミラノ在住。 著書「普段着のミラノ案内」(晶文社)をはじめ、新聞、雑誌、インターネットサイト等に執筆。三井住友海上ミラノオフィス勤務。 

 

41. 色、言葉、そして文化

つい先日 ミラノの地下鉄の構内で、電気か何かの配線工事をやっている横をとおりすぎ、その配線の色の美しいことに驚いた。
いわゆるライラック色と呼ばれる薄い紫、きれいなレモン色、やさしいオレンジ、そしてレモン色と同じトーンの薄い緑が2色になっている線。
配線をする人たちにとって何の線か区別がつくように線の種類によって色分けされているのはおそらくどこでも同じだろうが、どうせ壁の中に隠れてしまう電気の線にまで こんなにきれいな色を使ってしまう、そんなところがもしかしたらイタリア人の色に対するセンスなのかもしれないと唸ってしまった。

色、日常生活のどこにでも当たり前にあふれているこの色というものは 実は私たちひとりひとりの物の見方や感じ方に大きな影響を与えている。
色彩の豊かな国に住む人々の色彩感覚は寒くて暗い地方に住む人々のそれと全く違う。
色や光は 人々の色に対するセンスだけでなく、そこで生まれる芸術はもちろん、人々のエネルギーや文化を大きく左右する。
たとえば、アフリカの民族衣装の色鮮やかさ、また日本では絶対考えられないような色あわせに驚くとき、そしてまたそういった色が実に彼らによく似合うことに感激するたびに、色と人、文化の関係はやはりその土地でその文化に生きてはじめて身に付くものなのだろうとつくづく思わされる。

色をあらわす言葉の豊かさや、また何に関する色彩の表現が豊かであるかを考えてみるとひとつの文化を垣間見るようでおもしろい。
たとえば赤。赤、紅、朱、緋、....夕焼けの空やもみじの色の微妙な移り変わり、或いは新緑から夏の盛りの緑まで.....日本語はなんといっても自然や天候に関する言葉や色の表現が実に繊細かつ豊かである。
言葉にしても同じ。例えば雨。大雨、豪雨、にわか雨、霧雨、地雨、春雨(はるさめ)、村雨(むらさめ)、時雨(しぐれ)、梅雨、五月雨(さみだれ).....ただ雨の種類や降り方だけでなく、どの季節に降るのか、暖かい雨なのか冷たい雨なのかなどでそれぞれ呼び方が違ってくる。そしてそれぞれの言葉が日本人のこころにある一種の感情を引き起こすことを考えると、その奥深さに感動すら覚えてしまう。
北極圏に行くと雨は雪になるが、そこに住むエスキモーの言語には、雪を表す言葉が30以上あるという。家を建てる雪、食べられる雪、危険な雪など。そして逆に雪という総称はないというから興味深い。
一方、イタリアでは、雨は多いか少ない、あるいは強いか弱いだけになる。

ではイタリアで豊かなのはなんだろう、そんなことを考えていると 季節がらふとワインを思い出した。
イタリアといえばフランスに負けないくらいワインの文化は奥深い。
ワインの色をあらわす言葉はいったいどのくらいあるだろうか。
まず、白ワイン。白ワインには 紙のような白(bianca carta)、少し緑がかった白(verdolino)、藁のような淡黄色(paglierino)、金色かかった黄色(giallo dorato)、琥珀かかった黄色(giallo ambrato)という基本5色がある。
一方、赤ワインは深紅或いは緋色(porpora)、 蝋の赤(cerasuolo)、 ルビー色(rubino)、ざくろ色(granato)、オレンジ色(aranciato)の5色。
そこへ光度をあらわす言葉として きらめくような、透明な、ベールのかかったような、少し濁った、不透明な、の5段階がつき、華やかさとして 輝くような、明るい、 はっきりした、鮮やかな、さわやかな、あいまいな、平べったい、 色あせた、生気を欠いた、の尺度が加わる。 それだけではない。さらには色合いの強さをあらわす言葉として、深みのある、濃縮したような、 鮮烈な、 軽い、 青さめたような、色あせたの形容詞......
つまりひとつのワインの色は、透明度があって、輝くような華やかさの、濃縮したようなルビー色となるのである。
もちろんそれが発泡酒なら、さらにそこへその泡の細かさ、軽さ、速さ、滑らかさなどが付け加えられ、ようやく視覚的にはどういうワインなのかが見えてくる。
もちろんこれで終わったわけではない。ひとつのワインを深く語ろうと思ったら、今度はそこへ香りに関する形容詞、そして味覚に関する形容詞がこれまた視覚に関する形容詞に負けないくらい つかなければならないのである。

フランスでは11月第3木曜に解禁になるボジョレー、ヌーボーが有名だが、イタリアではそれより少し早く解禁されるNovello、今年のできはなかなかのもので、特に赤は何年か寝かせるとかなりの価値が期待できるという。
このさき何かと飲む機会の多い季節、色と言葉が醸し出す文化にうんちくをたれながら、長い夕べにイタリアワインはいかが?

 


2005/1/01

ITALY WEB SITE 
英語で楽しめるイタリアの注目WEBサイトの紹介


http://www.trenitalia.it
イタリア国鉄Trenitalia 公式サイト 



ローコスト切符販売やティケットレス化を進めるイタリア国鉄Trenitalia の公式サイト。使いやすい時刻表が人気。オンラインでの切符購入も可能。



2005/1/01
編集後記
-  ミラノの街角から 薬局とベンチャー・キャピタル  -

ミラノを歩いていて目に付くのは薬局の数の多さ、いかめしさではないだろうか。 同じ薬局といっても、安売り製品が積み上げられスーパー化した日本の薬屋とは趣が違う。「緑十字のマーク」をかかげ、ショーウインドウは、ファッションの国イタリアには似つかわしくないクラシック調。中では、医者のような白衣を着た薬剤師が客の対応をしている。

イタリアでは大手病院もクリニックも、あるいは家庭医も、患者には処方箋を与えるだけなので、各自が近くの薬局で薬を求めなければならない。そのため、薬局も病院の一部という位置づけなのかもしれない。
ところでこの薬局、イタリアでは地区ごとの定数制で、新たな開局や新規参入は事実上不可能で親から子供へと引き継がれている。いずれも、メインストリートや「角地」など抜群の立地にあって、町のエリートとして扱いをうけているといえそうだ。「ファルマチスタ」と呼ばれる薬剤師になるのは医学部を卒業するのと同程度に難しく、赤い資格バッチをつけた薬剤師は、なんとなく誇らしげに見える。

十数年前、遊学したミラノの大学で、経営学部の講義をぼんやりと聴いていた私はびっくりして目をさましたことがある。講師が「イタリアでは、“ベンチャー・キャピタル”というアメリカ的な概念やシステムはないが、新たに会社を興す際の投資話などは、これまでも町の会計士や薬剤師が仲介する場合が少なくなかった」というくだりをきいた時だ。会計士というのはわかる。しかし、「薬剤師」がなぜ?と、イタリアに来て間もない頃の私は驚いた。しかし現在は納得。地域のファミリーのいわば「家庭医」に近い役割を何代にもわたって果たしているのが薬局の位置づけ。住民の健康状況から家庭環境まで知り尽くしているだろうから、積み上げられた人間関係の中で、投資や儲け話の仲介をすることもごく自然の成り行きのようだ。新しい企業の誕生に、街角の薬局が一役買っていると思うと、世界的に名高いイタリア中小企業のダイナミズムの秘密が少しわかってくるような気がする。

2005年1月1日
JIBO編集室
大島悦子


TOP

HOTなエスプレッソITALY WEB SITEBACK NUMBER

ご質問・ご意見は/e-mail:jdesk@japanitaly.com
www.japanitaly.com
(C)Japan Plus Italy Co.,Ltd All right reserved.