JAPAN-ITALY Business On-line
0 BUSINESS ON-LINEITALY NEWS

COFFEE

2004/09/01

HOTなエスプレッソITALY WEB SITE編集BACK NUMBER


HOTなエスプレッソ 



田中ちひろ

京都生まれ 大阪外国語大学イタリア語科卒業、88年イタリアのシエナに留学。91年よりミラノ在住。 著書「普段着のミラノ案内」(晶文社)をはじめ、新聞、雑誌、インターネットサイト等に執筆。三井住友海上ミラノオフィス勤務。 

 

40. 徴兵制廃止

先月末、イタリアの徴兵制度を廃止する法案がほぼ満場一致で議会を通過した。 これにより143年続いたイタリアの徴兵制は幕を閉じ、2005年1月からイタリ アの青年たちは兵役の義務から解放されることになった。
どこから見てもまだ幼い面影を残した青年が新品の軍服をまとい 家族や友人に駅で 別れを告げる、そんなイタリアではどこの町でも見られた風景が イタリアから姿を 消す。

国家を守るのが国民の使命というのは分かる、また平穏に過ごした兵役であれば 同 期の仲間達との団結ができ、過ぎ去ったあと懐かしいらしいが、それでも強制なのは どうか?それがもともと大多数のイタリア人の意見だった。
ましてやイラク派兵などますます微妙になる今日の国際情勢において、派兵自体に賛 否両論のある中、その危険な部隊に強制に召集された人を送ることが許されるのか、 そんな疑問は最近ますます大きくなっていた。
一方 部隊を組織する側にとっても、こういった危険な使命を担う部隊は自ら選んで 参加したプロだけを使いたいという強い主張があったという。
今回の決定はそういった両者の疑問に答えた形になる。
経済面においては 例え10ヶ月であっても数百ユーロの報酬で何十万という若者を 一時保留する兵役、それは失業率の高いイタリアでなんらかの緩和財の役割を果たし ていたのではないかと思っていたが、若者を一刻も早く社会の労働力として出すほう が経済を活性化させるのだそうだ。

ところで、これを機に軍隊は職業軍人(プロ)と志願兵(ボランティア)のみから構 成されることになる。 総兵力の4分の1を占めるこの義務で兵役に従事していた若 者を補うため 今後 警察、憲兵、消防士、税部警察(国境部で密輸を取りしま る)、森林警察などありとあらゆる治安、法の取締りに従事する公務員は 最低1年 の兵役に従事することが応募資格になるという。

ところで今回廃止されるこのイタリアの徴兵制、実は案外知られていないユニーク な一面をもっていた。
OBIEZIONE DI COSCENZA(良心、あるいは思想的な理由による兵役拒否)といって  思想的な理由から武器を持つことを拒否する権利が認められていたのである。
自分がどうしても武器を持つことを受け入れない人はその旨を宣言し、兵役に変わっ てSERVIZIO CIVILE、すなわち社会奉仕を同期間することでその代用とすることが出 来たのだ。
社会奉仕とは具体的には、病院や老人ホームでの手伝い、寝たきり老人の在宅看護や 話し相手、市町村の役所での手伝いなど幅広く社会一般に役に立つ奉仕をさす。
実際 私の周りにも兵役でなくこの社会奉仕をした人が結構いるが、社会の一員とし て何らかの役に立つということ、奉仕の大切さを実感した素晴らしい経験だったと皆 が口をそろえる。
イタリアが 難民を始め、社会の弱者の状況に敏感また寛容で、また日常生活の中で も 困っている人を放っておかない助け合いの精神が今だ多くの人の中に健在なのは 案外こういう経験によるところが大きいのかもしれない。

徴兵制の廃止は喜ばしいことだが、何らかの形でSERVIZIO CIVILEは残せないのだろ うか?

 


2004/09/01

ITALY WEB SITE 
英語で楽しめるイタリアの注目WEBサイトの紹介


http://www.milanokansai.com
"Kansai Fair in Milan 2004"

来る10月19日、20日の両日、 ミラノで「KANSAI FAIR IN MILAN 2004」が開催される。
関西地方の地方自治体、企業、産業協会など約50の企業・団体が参加し、同地方のビジネス、文化 観光をダイレクトに発信する。期間中、イタリア企業との商談会のほか、各種セミナーやイベントも実施。サイトは英語とイタリア語。



2004/09/01
編集後記
-  ミラノで一番 爽やかな季節? -

ミラノで一番 爽やかな季節、ときかれたら、日本人の感覚では間違いなく9月初旬ではないだろうか。
日本とは違って、台風はこないし残暑もない。日中はまだ日差しは強いが、9月にはいったとたん、朝夕の風は秋の気配が漂う。気持ちのよい季節だ。

街には長い夏の休暇から戻ってきた人が、真っ黒に焼けた肌を自慢げにみせながら、颯爽と歩いている。道端で知り合いに出会うと、もちろん話題はバカンスの出来事だ。この夏どこにいって何をしたという話が一通り終わらないと、次の話がはじまらない。
夏の間、お店もレストランも1月近くクローズし、人影も車も少なかったミラノの街が、少しずつ普通の生活に戻り、活気をおびてくる。
子供たちの学校も9月7-8日には新学期が始まる。街角の文房具屋にはランドセルや文房具類を買い求める親子の姿が目立つ。
イタリアの9月は、日本の4月と同じような「スタート」の季節なのだ。

ところが、日刊紙La Reppublica を覗くと、「9月病」をテーマにした大きな特集記事をみつけた。長いバカンスから戻って9月に元の生活に戻ると憂鬱やストレスを感じている人が年齢、職種を越えてイタリア人10人中6名にのぼるという。「毎日のルーティンに戻ることにウンザリ」が81%「与えられた役割に戻ること」63%「自由がなくなるという感覚」28%という調査結果も掲載されている。ゆっくりとした夏休みは理想的な生活スタイルにみえるが、バカンス先進国では、9月が憂鬱な季節となる人も少なくないようだ。

2004年9月1日
JIBO編集室
大島悦子


TOP

HOTなエスプレッソITALY WEB SITEBACK NUMBER

ご質問・ご意見は/e-mail:jdesk@japanitaly.com
www.japanitaly.com
(C)Japan Plus Italy Co.,Ltd All right reserved.