JAPAN-ITALY Business On-line
0 BUSINESS ON-LINEITALY NEWS

COFFEE

2004/05/01

HOTなエスプレッソITALY WEB SITE編集BACK NUMBER


HOTなエスプレッソ 



田中ちひろ

京都生まれ 大阪外国語大学イタリア語科卒業、88年イタリアのシエナに留学。91年よりミラノ在住。 著書「普段着のミラノ案内」(晶文社)をはじめ、新聞、雑誌、インターネットサイト等に執筆。三井住友海上ミラノオフィス勤務。 

 

39. パッション

メル・ギブソン監督の「パッション」がイタリアで封切りになってから早1ヶ月が過ぎた。キリストの生涯の最後の12時間を描いたこの映画は アメリカイタリア合作、実際の撮影もローマのチネチッタスタジオと南イタリアのマテラという町で撮影された。
映画の中で使われた言語はキリストが生きた時代にその土地で話されていたというアラム語とラテン語。英語を話す人特有のアクセントを極力入れたくないという監督の意思で、キャストの大半にイタリア人が起用されたという。
そんなこともあってか イタリア人のこの映画に対する感情は特別のようだ。
反ユダヤ人感情を生むのではないかという多くのユダヤ人の批判や懸念、目を覆いたくなるような残酷なシーンなど この映画は公開前から世界中に大変な論争を巻き起こしたが、イタリアもその例に漏れず、学生からお年寄り、家庭の主婦から政治家まで 今ださまざまな討論を行っている。
「残酷」「恐い」というのを越えて それでもやっぱり見ておくべき映画だというのが キリスト教の文化のなかで生まれ育ったイタリア人の一般的な意見のようだ。
「覚悟をして見に行こう」そんな誘いを何度も受けて 私も先日見に行った。

パッション
12年の歳月をかけて 撮影場所、シーン、キャスト、セットの構想を練り、ただとにかくひたすら福音書に忠実に 実際に起こったであろうことを美化することもなく、淡々と再現することによって、見る人一人一人がなにかを感じてほしいという監督のパッション(情熱)は 映画の中のキリストのパッションと重なって 見る人の言葉を奪ってしまうのだろうか。
映画館で私の隣に座った女性は始めから終わりまでずっと泣いていた。
前方にいた若いイタリア人の学生達も 終わった後 一言も発さずにただ呆然としていた。
残酷なシーンはたしかに多いが、それよりも映画の中で痛めつけられるキリストをあざ笑うローマ兵や人々の姿に もっと恐ろしい何かを感じたのは私だけだろうか?
女性の多くは 12時間キリストを追いつづける聖母マリアの姿が 何よりも耐えがたかったと言う。
その壮大な生き方に対しての感想はうまく言葉にならないが、誰もがとてもふかいところで何かを感じているようだった。

パッションが公開されたちょうどそのころ 友人のアレッサンドロが亡くなった。
1年ほど前にいきなり肝臓が悪くなり、移植手術も受けたが、病気の進行には勝てず40歳というあまりにも若い死だった。
北イタリアの湖のほとりの美しい村で行われたお葬式は まるで映画の中の1シーンのようだった。十字架を掲げた白い衣装の少年のあとを 棺をかついだ友人達が続き、泣き崩れる家族を人々が支えながらの行列が教会から墓地へと続く。
話す人は一人もなく、その静けさと墓地の緑のまぶしさを感じながら 彼の最後の日々を思い出す。
朦朧とした意識の中で あれもしたい、これも終えていないとつぶやく彼に「なにか私ができることはないか」と聞いたときのこと.....
そして忘れられない彼の最後のお願いは 「パッションをもって生きてほしい」 だった。

 


2004/05/01

ITALY WEB SITE 
英語で楽しめるイタリアの注目WEBサイトの紹介


http://www.poste.it/en/
Poste Italiane Spa
ポステ・イタリアーネ(イタリア郵便会社)の英文サイト。


郵便部門、金融部門に加えて、最近は生保部門にも進出。
街角の郵便局も、旧態依然の建物から黄色とブルーを基調とした明るいデザインへリニューアルが続いている。



2004/05/01

編集後記
- ラジオバスRADIOBUS -

 

最近、ミラノの街を歩いていると、「RADIOBUS」という四角いマークをみつけることが多くなった。何かしらと思っていると、私の自宅前の道路にもこの標識をみつけた。

一言でいうと、ミラノ市交通局ATMが昨年スタートした「予約式バス」。路線バスとタクシーの中間のようなサービス。市内の一定地域(かなり広い地域)と一部市周辺部の範囲内であると、事前に予約するだけで希望の場所に指定時刻にミニバスがきてくれて、希望目的地まで、運んでいってくれるシステムだ。利用時間は、夜10時から朝2時まで。夜間の足の安全な確保、しかもエコノミーな価格でということで生まれた「市民に優しい」行政サービスということ。

現在は予約は電話のみだが近々にインターネットサイト上での予約も可能になるようだ。

ラジオバスの料金は、通常の路線バスやトラム、メトロ1回分の乗車券(ばら売りだと1枚1ユーロ、回数券だと10枚で9.2ユーロ)に加えて、ラジオバス乗車券(事前に購入しておくと1.5ユーロ。ラジオバス内で購入すると2ユーロ)が加算される。なお、通常の乗車券も、ラジオバス乗車券も無しで乗ると、3ユーロをその場で払う。

イタリアではレストランの夕食は夜8時か8時半から、映画もコンサートも9時前後のスタートが多い。したがって帰路は必ず10時半か11時以降となる。車がない場合、行きは、地下鉄やトラムで問題なく行けても、帰りは夜道が心配な場合はタクシーということになる。ニ三日日前に予約というのがやや面倒くさいけれど、家まで運んでくれるのは便利そう。ミラノ市交通局もストをするだけでなく、結構イキなサービスをしてくれるみたい。早速試そうと思って電話をすると、何度かけてもその予約電話がつながらない! やはり、イタリア!

Pazienza (忍耐力)がある方、是非、トライしてみてください。

RADIOBUS
問い合わせ電話番号:800-808181 予約電話番号:02-48034803
英文サイト http://www.atm-mi.it/eng/oraper/fradiobus.htm

2004年5月1日
JIBO編集室
大島悦子


TOP

HOTなエスプレッソITALY WEB SITEBACK NUMBER

ご質問・ご意見は/e-mail:jdesk@japanitaly.com
www.japanitaly.com
(C)Japan Plus Italy Co.,Ltd All right reserved.