JAPAN-ITALY Business On-line
0 BUSINESS ON-LINEITALY NEWS

COFFEE

2004/03/01

HOTなエスプレッソITALY WEB SITE編集BACK NUMBER


HOTなエスプレッソ 



田中ちひろ

京都生まれ 大阪外国語大学イタリア語科卒業、88年イタリアのシエナに留学。91年よりミラノ在住。 著書「普段着のミラノ案内」(晶文社)をはじめ、新聞、雑誌、インターネットサイト等に執筆。三井住友海上ミラノオフィス勤務。 

 

38. イタリアの自動車事情

イタリアで自動車免許のポイント制度が導入されて8ヶ月が過ぎた。当初はかなりの論争を巻き起こしたポイント制だが、最近発表された統計を見ていると 自動車事故の件数がおかげで減少したという。
ポイント制とは、免許をもつと最初に20点が与えられ、交通違反をするたびにポイントが減っていくシステム。
たとえばシーとベルトをしていないところを捕まるとマイナス5点、運転中に片手で携帯電話を使用しているとこれまたマイナス5点。ストップで停止しなければマイナス6点。スピード違反は程度によるが時速40キロ超でマイナス10点。信号無視がマイナス6点、原付バイクのヘルメット無着用がマイナス5点と項目は無数にある。
その内容は結構厳しくて、つまりシートベルトをしないで携帯電話を片手にスピードを出しすぎると即座に免許ととられてしまうことになる。
そして免許ととられると 自動車学校に行きなおし、一からテストを受けなおさなければならないという徹底ぶりだ。

この制度が導入された直後の、たとえばナポリなど南イタリアの大都市の人々の反応が面白かった。ナポリは赤信号で止まれば後ろからクラクションを鳴らされるというので有名で、渋滞になればパトカーですら歩道を走っていた。原付バイクに乗るのにヘルメットをかぶる人などいなかった。そこへいきなりこの制度の導入で、ナポリっ子はありとあらゆるいいわけや逃げ道を考えた。ヘルメットなしで捕まると、「結婚式に出席するために美容院に行ってきたばかりだから」「僕は閉所恐怖症だから」などそのいい訳にも見事なものがある。シートベルトがプリントされたTシャツも大変売れ行きがいいらしい。

ところでポイント制が導入され、事故率が多少下がったものの いまだにドライバーの悩みの種が 自動車保険の異常な高さである。自動車強制賠償保険のタリフ自由化にともなって各保険会社が競ってドライバーの特質を考慮した新商品が開発しているが、なかなか保険料が下がらないのが現状である。事故暦や都市による区別はもとからあったが、それに加えて性別、年齢別、運転年数、時には車種やドライバーの血液型、職業などを考えて出された試算もあるという。
ウイークエンドだけ車に乗る人のための保険や、或いは乗るときには携帯電話で連絡し、その日のカバーをつけるという保険もある。
そして最新のものが、まだ実験段階だが、車にブラックボックスをつけるというもの。ナポリで始まったこのブラックボックスとは運転記録をとるボックスで、ドライバーが何時どこでどういう違反をしたかなどが全て記録として残されるので、保険金請求も難しくなる上、当然自制作用が働くので、ブラックボックスをつければ保険料を割り引くという案が今検討されているという。

ヨーロッパの他の国でどんなにオートマティック車がでまわっても、イタリア人はいまだにマニュアル車が大好きだ。
ちょっぴりスリルを楽しみながら運転するのが嬉しくてしかたがないイタリア人、F1レースがこれほど支持されているのも納得がいく。
スリルと実益、規則というものができると必ずその抜け道を探したくなる彼らのそんな性格と利害が落ち着くのはいったいどのあたりなのだろう。

 


2004/04/01

ITALY WEB SITE 
英語で楽しめるイタリアの注目WEBサイトの紹介


http://www.istat.it/English/index.htm
ISTAT(イタリア政府統計局)の公式サイト


ISTATの英文正式名はNational Institute of Statistics。
社会、労働、人口、経済、企業、環境など各部門の統計データが収録。
貿易統計、小売、消費者物価、工業売り上げ高などは最新データが常時アップデートされているのでイタリア経済の今を知る上で必須。統計年報もPDFファイルでダウンロードできる。



2004/04/01

編集後記
- 新聞の付録合戦-

 

イタリアの街を歩くとどこにもエーディコラEdicola と呼ばれる新聞雑誌スタンドがある。

新聞の宅配は普及しておらず、自分で買い求めに行くのがこちらの習慣だ。新聞だけでなく、多種多様な雑誌類が販売され、その広告類も至るところに配置されているので、狭いスタンドのまわりは常にゴチャゴチャしている。さらに最近は、新聞に百科事典や文学全集を「付録」として販売するのが大ブームで、ただでさえ狭い新聞スタンドには、山積みにされた本が所狭しと並んでおり混乱のきわみだ。

たとえば、イタリアの二大新聞の一つ「コッリエーレ・デッラ・セーラ」Corriere della Sera紙は、La Biblioteca di Sapere(知識の図書館)という百科事典を毎週1冊ずつ、付録として配本している。毎号800ページを超える立派な百科事典で、0.9ユーロの新聞代にプラスして8.9ユーロ払うともらえる仕組みだ。ライバルのラ・レップリカLa Reppublica紙も同様にL’Enciclopedia の全31巻の最終配本を3月末に終えたところ。これは各号12.9ユーロ。レップブリカでは、全8巻のイタリア詩集 La Poesia も同時に発行している。9.9ユーロ。詩は人気でコッリエーラ紙も詩集を配本。一方、Il Giornale紙は、1000ページを超えるテーマ別大辞典をやはり、新聞の「付録」として販売している。どれも毎週1回の配本だ。スタンドの店主は「とても人気がある」と満足げ。「取り置き」を頼む常客も少なくないという。

新聞の「付録戦争」は、これまでにも先例があり、数年前には、新聞に雑誌が付くというのが大流行した。また、薄い小冊子が付録についてそれをためると立派な本になるというのも頻繁にみかける。しかし、各巻800ページ、900ページ、厚さが7センチも8センチもの本が「付録」になるとは。イタリアでは書籍は書店で販売されが比較的価格も高い。本屋になじみの薄い普通のイタリア人が廉価に気軽に「全集」を揃えられるこの付録作戦は大当たりしたようだ。

ただ、この「大型付録」のおかげで思わぬ影響がでた。最近はスーパーでも新聞を販売していて、買い物途中で買えるので便利に利用していたのだが、2−3日前にレジ近くで新聞を取ろうとすると新聞売り場がない。「付録が膨大で場所を取り過ぎるので撤去した」とのこと。「そうよねー。本屋ではないのだから」と妙に納得しつつも、エスカレートする一方の「付録合戦」の行き先が少し心配になった。

2004年4月1日
JIBO編集室
大島悦子

TOP

HOTなエスプレッソITALY WEB SITEBACK NUMBER

ご質問・ご意見は/e-mail:jdesk@japanitaly.com
www.japanitaly.com
(C)Japan Plus Italy Co.,Ltd All right reserved.