JAPAN-ITALY Business On-line
0 BUSINESS ON-LINEITALY NEWS

COFFEE

2003/10/01

HOTなエスプレッソITALY WEB SITE編集BACK NUMBER


HOTなエスプレッソ 



田中ちひろ

京都生まれ 大阪外国語大学イタリア語科卒業、88年イタリアのシエナに留学。91年よりミラノ在住。 著書「普段着のミラノ案内」(晶文社)をはじめ、新聞、雑誌、インターネットサイト等に執筆。三井住友海上ミラノオフィス勤務。 

 

36. BLACK OUT  「大停電」


9月28日3:25AM アラームがなったかと思うと全ての電気が消えて真っ暗になった。ニュースでご存知の方も多いと思われるが、イタリア全土がBlack-out、停電になったのだ。 イタリアはスイスやフランスなど近くの国々にその電力の20%を依存しているが、その夜の激しい落雷等でまずスイスからの電力供給ラインがブロックされ、次いでフランスからの2本のパイプも吹っ飛び、どういう風にかは想像がつかないが、それで最終的にはイタリア全土の電気供給システムがストップしてしまったという。

停電が起こったその夜 ローマではNOTTE BIANCA(白い夜)の1夜が繰り広げられていた。ノッテ・ビアンカというのはもともとローマの姉妹都市であるパリから入ったもので、1年に一度、一晩中町をあげての文化、商業活動を行うお祭りのようなものである。 
一晩中ローマ旧市街のお店が開き、地下鉄も終日運転、町のあちこちでコンサートやダンスやいろんな催しが行われていた。いつもと違ったローマを楽しもうという謳い文句で ローマ市、商工会議所等が大々的に宣伝し、約5万人の人がその夜を楽しんでいた。
運悪くまさにその夜停電が起こったわけだが、そんなわけで町では大変な数の人々が町で立ち往生となった。
エレベーターや地下鉄に朝まで閉じ込められた人も少なくない。ローマ以外でも100を越える電車がストップし、旅をしていた約3万人の人々がブロックされた。病院はパニック状態になり、レストランや工場の冷凍室にある食品、肉、ヨーグルト、牛乳などは大半がすべてだめになった。

電気、電力、日常の生活の中であまりにも当たり前になっていた電力について人々は改めて考えさせられた。
それらがどれだけ大切で、そしてまた私たちがそれらにどれだけ依存しているかを.....
冷蔵庫や冷凍庫が使えないだけでなく、4階にある私のアパートは水を電力ポンプでくみ上げているから 水も出なかった。
テレビやPCなどなくても数日過ごせるかもしれないが、洗濯機もアイロンもオーブンもだめ、エレベータはもちろんインターホンもダメ。外に出れば電車、地下鉄は動かないし、信号も消えている。電力ポンプで動くガソリンスタンドではガソリンもいれられないし、銀行のキャッシュカードも動かない。携帯電話もそれを管理するステーションが動かないのだろう、翌日の午後までつながらなかった。
そして闇、本当の闇にいかに慣れていないかを知って驚いた。
町のすべてのネオンやも街頭が消える。
家の中でも普段は留守電のライトとか、アラームクロックのライトとかテレビのスタンバイのライトとかどんなに小さくても何らかの明かりがあったことに気がついた。
そしてそれらが一切なくなったときの闇は 本当に暗くてあるくのが恐かった。

今回の停電は多くの人にいろいろな不都合や損害を与えたかもしれないが、電気の大切さとそれがなくなったときの私たちの弱さに触れて、電気を、或いは私たちの身の回りの限りある資源をより大切にする人が少しでも増えれば、それが与えたものは大きいのかもしれない。
 


2003/11/01

ITALY WEB SITE 
英語で楽しめるイタリアの注目WEBサイトの紹介



http://www.borsaitalia.it/eng/home/
イタリア証券取引所(BORSA ITALIANA)の公式サイト 英語版

イタリアの株式動向が詳しく紹介されている。 イタリア経済の動きを知るには欠かせないサイト。





2003/11/01

編集後記
- HAPPY HOUR 人気の秘密は? -

 


ミラノは秋が深まってくると、夕暮れの訪れが早い。
もともと、イタリアでは、法律で一般の商店は19:30分に閉店と定められている。そしてバール(コーヒーショップ)類もせいぜい20時にはシャッターをおろす。
暗く、静かになったミラノの通りで、ところどころ、人の動きが目立ち、華やかな雰囲気を周囲にもたらしているのが、「HAPPY HOUR」のお店だ。
18時から21時の時間帯、カクテルかワインをグラスに1杯、軽食ビュッフェをつまんで楽しむ、新しい業態の飲食店舗だ。

もともと、ミラノや北イタリアには、アペルティーボ(Apertivo)の習慣がある。仕事帰りや夕食前に、バールによって、軽く1杯、カウンターに並んだおつまみ類をサカナにおしゃべりするひと時だ。セラミやチーズのカナッペ、オリーブ、ビクルス類、ナッツなどかわきものを好みままにつまむ。夕食までの空腹をとりあえず満たすと、それぞれ家に戻っていく。

このアペリティグの風土に、アングロサクソン系の「ハッピーアワー」の習慣がミックスして、イタリア型「HAPPY HOUR」が、流行している。

Porta Romana から近い、モンテネーロ通りにあるFresco Art」も2000年7月に開店した、はしりの一つ。 毎夕、ちょっとおしゃれな大人や若者たちでにぎわい、通りにも人があふれるほどだ。27歳の店長のバレリオ・クアランタ氏の話では、人気の秘密は、奥の厨房でコックが用意する毎日献立の変わる豊富なビュッフェ。パスタ、リゾット、肉料理などホットミールが3種。各種ピッツア類、野菜、揚げ物、フルーツ、サラダ。最近では日曜には「おすし」も加わった。これらが、毎夕、18時、19時半、20時、20時半分の4回、彩りよく盛り付けられた大皿でカウンタにー運ばれる。好きなだけ食べて、カクテル1杯の値段が5.5ユーロ。ワインの場合は、4.5ユーロ。21時に閉店。毎晩150名から200名の来店。「家に帰ってから、夕食をするのでしょうか」という質問に、「若い方はこれを夕食代わりにするのでしょう」とバレリオさんはいう。

レストランやピッツエリアがどこでも近年、値上がりしている中、気軽で、おしゃれ、そして割安感のある価格設定、これが「ハッピーアワー」流行の原因のようだ。そして、夕食は家に帰って落ち着いて、というイタリア人の食習慣をも少しずつ変えてきているようだ。 「E.O]

FRESCO ART
Viale Motenero 23
20135 Milano
02-54124675
月曜休み



TOP

HOTなエスプレッソITALY WEB SITEBACK NUMBER

ご質問・ご意見は/e-mail:jdesk@japanitaly.com
www.japanitaly.com
(C)Japan Plus Italy Co.,Ltd All right reserved.