JAPAN-ITALY Business On-line
0 BUSINESS ON-LINEITALY NEWS

COFFEE

2003/06/01

HOTなエスプレッソITALY WEB SITE編集BACK NUMBER


HOTなエスプレッソ 



田中ちひろ

京都生まれ 大阪外国語大学イタリア語科卒業、88年イタリアのシエナに留学。91年よりミラノ在住。 著書「普段着のミラノ案内」(晶文社)をはじめ、新聞、雑誌、インターネットサイト等に執筆。三井住友海上ミラノオフィス勤務。 

 

35. サン・ジュセッペ


世界の多くの国で「父の日」は6月の第3日曜日に祝われるが、イタリアにおいては実は「父の日」は3月に祝う。
3月19日 SAN GIUSEPPE(サン・ジュセッペ) 聖ヨセフの日である。
ジョセッペというのはキリストの父親ヨセフのイタリア語名で フランスやイギリスではジョセフ、ジョーとなる。

イタリアの男性の名前のランキングでトップなのがこのジュセッペ、”ジュセッペちゃん”とかわいく呼びたいときにはジュセッピーノとなり、そしてこれがペッピーノという愛称になる。
それに対して女性の名前でトップがマリア、2位がアンナ、そして3位がこのジュセッペの女性版、ジュセッピーナだ。(ちなみに男性の名前の2位がジョバンニ、3位がアントニオとなる)

キリスト教が深く浸透した国で、イエス・キリストの父親のヨセフを記念する日が「父の日」となるのは なるほどとうなずける。
キリスト、その母親である聖母マリアと比べて、いつも影が薄いこの大工のヨセフだが、ここ数年彼に関する研究は関心を集めているらしく、つい最近もイタリアのテレビで 「ヨセフの生涯」なる映画を見た。
自分には身に覚えがないのに、いいなずけのマリアが身ごもっていると知る時の動揺。信心深いヨセフであったが、大天使からの受胎告知と聞かされても信じられなくて悩みに悩むその人間的なその一面。
貧しさの中で苦労しながら家族をまもり、その一方で知識においても、洞察力の深さにおいても 息子が自分よりはるかに上であることをことあるごとに知らされ、一人の父親としての資格がないのではないかと悩む姿....そうしながらも息子を信じ、息子を励まし、自分の道を進むように説く。 キリストが本格的に家を出て人を導き始める前にヨセフはなくなってしまうのだが、強さと弱さを持った一人の人間として一生懸命生きた、立派な父親だったにちがいない。

聖ヨセフは、貧しい人、見捨てられた人を護る聖人とされるが、この「聖ヨセフ」の日には、イタリアの教会では 貧しい人たちに食事を施す日となっている。キリストを身ごもった聖母マリアをつれてベツレヘムの町に着いたヨセフに宿や食事を与えてくれる人が一人もいなかったことを思い出すためだという。 また、その日 町のいろんなところに屋台が出て、そこではフリッテッレとよばれる、中にクリームが入ってドーナツのような揚げ菓子が売られるが、それが聖ヨセフのお菓子なのだ。

ところで 3月19日が聖ヨセフの日といったように イタリアのカレンダーには大抵聖人の名前がついている。 そして イタリア人の子供の名前はほとんどといっていいほど聖人の名前からとるので 普通イタリア人は誕生日以外に オノマスティコといって自分の名前の聖人の日を誕生日のように祝うのだ。

さて、「父の日」はイタリア語で FESTA DEL PAPA’ (フェスタ デル パパ)だが、このPAPA’は 最後のアクセントが取れると PAPA(パーパ)、ローマ法王の意味になる。
現ローマ法王のヨハネ・パウロ2世はイタリア語で言うと ジョバンニ・パオロ。英語で言うと ジョンとポール。
ビートルズではないが、ヨーロッパにはこういうありがたい名前がごろごろしているのである。


 


ITALY WEB SITE 
英語で楽しめるイタリアの注目WEBサイトの紹介


http://www.brera.beniculturali.it/
ブレラ美術館
Pinacoteca di Brera

ミラノを代表する美術館、Pinacoteca di Brera は、フィレンツエのウフィッツイ美術館と並ぶイタリア絵画の宝庫。 イタリア文化財省が直々に作成し、スタートした同美術館の公式サイトで、イタリア語版は極めて内容豊富。英語版(現在、拡充中)でもVirtual Tourなど楽しめる。





編集後記
- ミラノの街角で -
 


ミラノに暮らして12年。この間、大きく変わったことの一つは、生鮮食料品を扱う個人商店が少しずつ町から姿を消し、代わりに、スーパーや大型ショッピングセンターが、大きな勢力をふるうようになったことだろう。とはいえ、「青空市場」での買い物は日常の楽しみの一つとして、市民のくらしの中で変わらぬ位置を築いているようだ。

毎週金曜に、私の仕事場から歩いて2−3分の通り一面に、架設店舗が200店近く並ぶ。八百屋、チーズやソーセージ店、オリーブや酢漬けの店、魚屋、そして、アパレル製品、下着専門、靴下専門店、履もの、寝具、食器や台所用品で何から何まであるが、なんといっても、人気の的は新鮮な果物や野菜の店頭だ。市場のある日には朝7時すぎから荷物をいっぱい積んだ小型トラックが到着。朝8時から昼すぎまで近所の人でにぎわう。

ところで、この市場、自然発生的に開かれているわけではない。イタリアでは全国的にほぼどこでも市の管轄下に組織されており、道路上の交通規制は地元の警察の役割だ。「露天商」も「非常設店舗」として市や商工会議所の登録が義務付けられており、青空市場への参加もすべて事前に申請し、市の定めた区画に出店するのだ。たとえば、人口130万人のミラノ市の場合、毎週、97ケ所の場所で青空市場が開催されており、市のインターネットサイトに時間帯と場所が詳細に掲載されている

当初、驚いたのは、昼過ぎに市場が終わると、どの店も、不要となった空き箱やゴミを道路上においたまま、トラックで出発してしまうので道路一帯がゴミ捨て場と化すこと。しかし、30分もしないうちに、市の清掃車が何台もいっせいにやってきて、一面をすべて片付け道路も洗う。そして何事もなかったかのように街はもとのたたずまいに戻る。(E.O)



TOP

HOTなエスプレッソITALY WEB SITEBACK NUMBER

ご質問・ご意見は/e-mail:jdesk@japanitaly.com
www.japanitaly.com
(C)Japan Plus Italy Co.,Ltd All right reserved.