JAPAN-ITALY Business On-line
0 BUSINESS ON-LINEITALY NEWS

COFFEE

2002/07/15

HOTなエスプレッソITALY WEB SITEBACK NUMBER


HOTなエスプレッソ 



田中ちひろ

京都生まれ 大阪外国語大学イタリア語科卒業、88年イタリアのシエナに留学。91年よりミラノ在住。 著書「普段着のミラノ案内」(晶文社)をはじめ、新聞、雑誌、インターネットサイト等に執筆。三井住友海上ミラノオフィス勤務。 

 

24. バーゲンシーズン



ミラノっ子がヴァカンスと同じく待ち焦がれるもの、そう、今年もまたバーゲ ンの季節がやってきた。
7月13日からはじまったバーゲンでは、ミラノが世界の誇るモンテ・ナポレ オーネ通りの有名ブティックから 名もない地元の雑貨屋さんまで、とにかく3 0%オフ、50%オフとそれぞれの商品を割引して道行く人々を誘い込もうと懸 命になる。
たとえ割引をしたとしても平常の月よりは利益が上がるというだけあって、売 り込み合戦はフェアに、というのが基本精神なのか、バーゲンの時期やその他さ まざまなバーゲンに関わる決まりは、実はイタリアでは市の条例で毎年決められ る。

それによると、今年のバーゲンは7月13日から8月11日までで、日曜日はも ちろん、夜も23時まで営業してもかまわない。
商品札には値引き前の価格と値引き後の価格の両方がしっかり記載されていなけ ればならない。
支払いはクレジットカード可。
下着以外は客が試着を望んだら絶対OKしなくてはならず、気に入らなくて返品 したい場合には購入日から8日間までOK。御直しが必要の場合で、それが顧客 負担ならばその情報もしっかり提供されなくてはならない。 なにもそんな細かいところまで市が決めなくても、とつい思いがちだが、悪質 商法が増え、同時に消費者保護団体が強くなった最近は、むしろその動きは奨励 され、上のような市からの通達を遵守しているお店には笑顔マークのステッカー がはられているほどである。

ところでイタリアでは、実はこの自由と統制のバランスが非常に面白い。
たとえば、前述の、日曜日に店をオープンするというのが実はイタリアでは画期 的なことなのだ。
キリスト教で週に一度安息日として仕事の手を休め神への思いを新たにする日、 日曜日はたとえ教会に通う人は昔に比べて少なくなった今日でも制度としてイタ リア社会に深く根付いている。そんなの、お店の経営者の勝手じゃないか、は通 らない。特別に高い税金を払って日曜日に店を空ける特別の許可をもらっている お店はあるにはあるが、それでもイタリア全体自由にしましょう、などというス ローガンを掲げるなど、ローマにヴァチカンをかまえ、やはりキリスト教徒と自 認する国民が圧倒多数のイタリアでは どんな政治家でも命とりになる。

夏には最低3週間のヴァカンスをとって、自由気ままに子供に帰って楽しむイタ リア人も、その一方では貯蓄率は日本人より高いという一面を持っていたり、ス トや遅れがちなサービスで不当に待たされて文句は言うものの、実際には信じが たい忍耐力で列に並んで待ったりする。
そう思ってよく考えてみれば、イタリアファッションも、その不思議なバランス 感覚のせいか、どこかスポーティーで堅苦しくないシルエットと自由な遊び心や 着心地のよさが自慢だが、パリやロンドンのファッションのように反体制的とか 攻撃的なものはほとんどない。

さて、待ちに待ったバーゲンの到来、ほしかったものを手に入れるチャンス。そ れはそうと、この季節、財布のバランスのほうにもご注意を。


 


ITALY WEB SITE 
英語で楽しめるイタリアの注目WEBサイトの紹介


www.dolomitipark.it

ドロミティ国立公園の公式ウェブサイト。公園内の見どころや山小屋などが美し い写真とともに詳しく案内されている。

www.peck.it

ミラノの歴史ある高級食材店ペックのホームページ。チーズ、ワイン、オリーブ オイルなどのオンラインショッピングができるほか、レシピーの掲載もある。

TOP

HOTなエスプレッソITALY WEB SITEBACK NUMBER

ご質問・ご意見は/e-mail:jdesk@japanitaly.com
www.japanitaly.com
(C)Japan Plus Italy Co.,Ltd All right reserved.