JAPAN-ITALY Business On-line
0 BUSINESS ON-LINEITALY NEWS

COFFEE

2001/05/15

イタリアビジネス心得帳ITALY WEB SITEBACK NUMBER


イタリアビジネス心得帳 

八木宏美(やぎ ひろみ)
1952年鎌倉生。インプット・イタリア・ジャパン社 代表取締役。日伊コミュニケーショ ン・アドバイザー。ボッコーニ大学、トリノ大学で教鞭をとる傍ら、日伊文化交流協会を設立し、ビ ジネス日本語講座を開講中。その他、日本の官公庁・外郭団体等の技術・法律・産業・社会部門にお けるイタリア調査を委託で行っている。 

 

18.一見の客

イタリア企業と取引をする場合、気をつけなければならないのが納期の確認である。特に日本と取引経験の少ない企業は、新しい顧客からの発注を取りつけたい一心で、無理だと分かっていても、日本側の言う期日を安請け合いをすることがある。

またイタリアでは2週間程度の遅れは折込済みとされる慣習もあることから、日本企業側の自衛策としては、 "いつまでに納品してくれ"という言い方よりむしろ"日本国内での準備の都合があるので、納品の遅れや変更は絶対に困る。100%確実な納期はいつになるか"と聞いた方が無難である。

こう尋ねると、だいたい本音が引き出せる。もしもその期日が日本側の希望と極端にずれている場合には、はっきり言ってあまり打つ手はない。この場は取引を諦めるか、または最悪の場合期限に関係なく発注できる分だけ注文した方が無難である。

無理に早くするように言ってみても、生産能力に限界があり、彼らには実行不可能な場合が大半である。実は誰にでもオープンに見える見本市は、得意先との取引の場ではない。古い得意先とは訪問取引をしていて、"一見の客"とは扱いも全く違い、これら固定客注文を優先扱いにする企業が圧倒的に多い。従って、無理強いをしてみてもほとんど"新顔"には納期を早める手立てはないのである。取引はイタリアでも歴史がかなりものを言う。


 


ITALY WEB SITE 
英語で楽しめるイタリアの注目WEBサイトの紹介


campari.com
"Campari"

イタリアを代表するお酒、カンパリ社のホームページ。カンパリを使ったカクテルのレシピーも。

www.polix.it
"Polix"

イタリアの政治動向がわかるHP。5月13日に行われたイタリア総選挙結果一覧も。

TOP

イタリアビジネス心得帳ITALY WEB SITEBACK NUMBER

ご質問・ご意見は/e-mail:jdesk@japanitaly.com
www.japanitaly.com
(C)Japan Plus Italy Co.,Ltd All right reserved.