JAPAN-ITALY Business On-line
0 BUSINESS ON-LINEITALY NEWS

COFFEE

2001/02/01

イタリアビジネス心得帳ITALY WEB SITEBACK NUMBER


イタリアビジネス心得帳 

八木宏美(やぎ ひろみ)
1952年鎌倉生。インプット・イタリア・ジャパン社 代表取締役。日伊コミュニケーショ ン・アドバイザー。ボッコーニ大学、トリノ大学で教鞭をとる傍ら、日伊文化交流協会を設立し、ビ ジネス日本語講座を開講中。その他、日本の官公庁・外郭団体等の技術・法律・産業・社会部門にお けるイタリア調査を委託で行っている。 

 

11.おみやげ無用

日本ではビジネスの場でも"お名刺代わり"として初対面の場合や、世話になる場合など、まずは簡単な手土産を持っていく習慣があるが、イタリアでは下手にこれをしない方がよい。

ビジネスは取引を通じてするものであって、手土産の必要は全くない。伝統のなせるわざか、イタリアでは一般人でも品物に対する目が肥えていて、完全に本物志向である。安物の土産品のばらまきは、全く評価されないので気をつけたい。

現在、中小企業の販売担当などは、2代目の大学出が多くなったが、大卒は完全なエリートであり、美術品好きなどもいて、日本の美術品の本物の良さを知っている人物もいる。いわゆる安物の土産品類は一目で見分けられるため、日本人の趣味程度が知れ、疑われるところともなる。

イタリア人の家庭を訪問すれば分かることだが、それほど豊かでない家庭でも、徐々に買い揃えて、一生モノの素晴らしい調度品や家具を置いていることも多く、完全に本物志向である。プラスチック製の掛け軸はどう見ても置き場がない。

クリスマス、イースターには日本の中元や歳暮と似た贈答習慣がある。違いは、部、課、家族など、グループを対象にプレゼントを贈る習慣がなく、あくまでも個人に贈る点である。

個人の家に招かれた時も、菓子折りや花束を夫人に持参する習慣があるが、これもあくまでも、夫人個人あてである。


 


ITALY WEB SITE 
英語で楽しめるイタリアの注目WEBサイトの紹介


www.uffizi.firenze.it
"Galleria degli Uffizi"

フィレンツェのウフィッツィ美術館。

www.italiaturismo.com
" Italia Turismo"

イタリアをすみずみまで知りたい人に観光情報を紹介する。

TOP

イタリアビジネス心得帳ITALY WEB SITEBACK NUMBER

ご質問・ご意見は/e-mail:jdesk@japanitaly.com
www.japanitaly.com
(C)Japan Plus Italy Co.,Ltd All right reserved.