JAPAN-ITALY Business On-line
0 BUSINESS ON-LINEITALY NEWS

COFFEE

2000/12/15

イタリアビジネス心得帳ITALY WEB SITEBACK NUMBER


イタリアビジネス心得帳 

八木宏美(やぎ ひろみ)
1952年鎌倉生。インプット・イタリア・ジャパン社 代表取締役。日伊コミュニケーショ ン・アドバイザー。ボッコーニ大学、トリノ大学で教鞭をとる傍ら、日伊文化交流協会を設立し、ビ ジネス日本語講座を開講中。その他、日本の官公庁・外郭団体等の技術・法律・産業・社会部門にお けるイタリア調査を委託で行っている。 

 

8.旅の恥はかきすて

イタリアの高級ホテルやレストランに"お客様は神様"という感覚はない。

伝統格式のあるホテル、レストランはプロとしてのプライドを持って、社会的経済的に富んだヨーロッパの上流階級や、一握りの教養層エリートたちを昔から相手にしてきているため、客の品位により扱いを変える傾向がある。つまり、上流の社交場としてレストランやホテルを尊重し、洗練されたスタイルで利用する客は大事にするが、ヒンシュクを買う行動の客へのサービスは質が半減することもあり得る。

京都の料亭を考えると理解がしやすい。場所柄に相応しい振る舞いの客でない限りばかにされ、よい客としては扱ってもらえないのである。

団体旅行客を受け入れているホテルでは既に慣れていて何も言わないが、客の行動はよく観察していて、フロント係からレストランの給仕に至るまで、態度がガラリと変わるのを目の当たりにすることがある。

相手の伝統を尊重し、公共の場のTPOを考えて行動することは、国際人の信用の第一歩である。ミラノのホテルの貸し金庫が電子キーに変わったのは、部屋で金品がなくなったと言い張る日本人団体客が続出したためである。

どうやらイタリアで盗難が多いのを逆手にとって、なくなったと言い張り儲けるたぐいが存在したらしい。ホテル業界での日本人の評判はすこぶる悪い。気をつけたいものである。


 


ITALY WEB SITE 
英語で楽しめるイタリアの注目WEBサイトの紹介


www.veniceword.com
"Venice Word"

英語のヴェネツイア案内。イヴェントから一般情報までわかりやすく整理されています。

www.motorshow.it
" Motor Show"

   現在開催中のボローニャのモーターショのサイト 今年はフェッラリの新車など大評判。

TOP

イタリアビジネス心得帳ITALY WEB SITEBACK NUMBER

ご質問・ご意見は/e-mail:jdesk@japanitaly.com
www.japanitaly.com
(C)JAPANITALY.COM S.r.l-Milano All right reserved.