JAPAN-ITALY Business On-line
0 BUSINESS ON-LINEITALY NEWS

COFFEE

2000/11/01

イタリアビジネス心得帳ITALY WEB SITEBACK NUMBER


イタリアビジネス心得帳 

八木宏美(やぎ ひろみ)
1952年鎌倉生。インプット・イタリア・ジャパン社 代表取締役。日伊コミュニケーショ ン・アドバイザー。ボッコーニ大学、トリノ大学で教鞭をとる傍ら、日伊文化交流協会を設立し、ビ ジネス日本語講座を開講中。その他、日本の官公庁・外郭団体等の技術・法律・産業・社会部門にお けるイタリア調査を委託で行っている。 

 

5.納期を守らせる

イタリア人はいい加減で納品の遅れは日常茶飯事、と日本企業の中にはイタリア製品の魅力にもかかわらず、取引を躊躇する向きも多い。しかし、この事態を引き起こす原因の多くは、実はマーケット事情、製造サイクル事情など、双方の情報不足によるものである。

日本人は日本の業界の製造サイクルや流通サイクルを念頭に、イタリアでも同じようなものだろうと単純に考え、注文を出すことが多いが、イタリアの製造システム、流通システムは日本とはかなり違っている。

常時、簡単に部品や素材の調達ができない業界が多数ある。日本が興味を持つ、消費財製品を例にとれば、原則的にほとんどの業界で、見本市を中心に製造サイクルが回っていて(実際の取引は見本市では行われず、代理販売員制によるものが大半であるが、見本市開催をめどに製品開発が行われる)、さらに、その完成品見本市をめどに部品・素材見本市が開かれ、これらの大部分が注文生産である。

ということは、彼らの製造サイクルを無視して注文を入れると、部品が入手できず、製造が大幅に遅れる結果ともなるのである。彼らに言わせれば納期遅滞の原因の半分は、日本企業の時期はずれで、対応不可能な注文のしかたに原因があるのである。

イタリアの製造サイクルや部品・素材注文システムを念頭においた取引をしないと、トラブル回避は難しい。


 


ITALY WEB SITE 
英語で楽しめるイタリアの注目WEBサイトの紹介


www.gucci.com
"Gucci"

Gucciの歴史から最新ファッションコレクションまでを紹介。。

www.allegroassai.com
" Allegroassai"

イタリア人作曲家が開発したデジタル楽譜プログラム。数千の楽譜のダウンロードが可能。

TOP

イタリアビジネス心得帳ITALY WEB SITEBACK NUMBER

ご質問・ご意見は/e-mail:jdesk@japanitaly.com
www.japanitaly.com
(C)JAPANITALY.COM S.r.l-Milano All right reserved.