JAPAN-ITALY Business On-line
0 BUSINESS ON-LINEITALY NEWS

COFFEE

2000/3/1

私のイタリアビジネス日記ITALY WEB SITEBACK NUMBER


私のイタリアビジネス日記 

高達 秋良(こうだて あきら)
日本能率協会コンサルティグ・コンスイエル株式会社 技術最高顧問。日本能率協会(JMAC)でソニー、ホンダ、川崎重工など大手メーカーの経営コンサルティングを担当。1981年からフランス、1984年からイタリアに進出。1988年日伊ジョイントベンチャーでミラノにコンサルタント会社設立と同時に社長就任。イタリア企業のみならず大手ヨーロッパ企業数社の経営コンサルタントに携わる。1996年より現職。専門は研究開発、設計、生産技術管理。

 

3. イタリアのコンサルティングゆき詰まる

イタリアでのコンサルティングは1994年春から始まりました。東京でビジネスをするイタリア人から、フランス同様にイタリアへの援助を頼まれ、先ずベニスの北、UDINEにある企業の工場長と通訳(イタリア在住日本女性彫刻家)に、ホテルで迎えられました。夕食後、散歩し、中世紀風町並みが余りに美しいので、その歴史を聞いたら「ウーディネは新しい都市で、1000年前からです」の返事に、イタリアの歴史の長さをつくずく感じました。

そこでは、品質と生産性向上で、小集団活動導入が中心で、リーダーの選定を含んだ提案をしました。

後で通訳が私の提案の確認しながら「どうも誤訳です。それはリーダーではなくアニマトーレ(精神的中心)と訳すべきでした」と言い、それをすぐに伝えたら「それで良くわかった」と言われ、仕事には「正確なイタリア語の大切さ」を確認しました。1ヶ月後、機械職場から漸次職場を拡大しながら全社展開が始まりした。

パリに既に住む日本人とイタリア在住の通訳、私が年に10回日本から来て、会社からはエンジニアー、職長、労働組合長の3人がアニマトーレと中心になり、各職場のアニマトーレを育てながら展開し、現場にもトップにも極めて好評でした。

しかし、2年目の夏休み前にJMACを呼んだ工場長が突然退職し、それに伴い9月からの仕事が終わりました。彼が辞めた理由はオーナー経営者間の対立に巻き込まれた為だと判りました。

次々始まった他の企業のコンサルティングも、始めは良のに1,2年たつと問題が起り、ゆきずまりました。その理由は、実に色々で、日本人には理解出来ない事も多いのです。こうした問題はどんなに良い通訳を使っても無理です。マネージメントにはメソッド、コンセプト、カルチャーの3要素があり、前者ほど国境を越えやすいのですが、後者ほど国によって違いが大きく、イタリアという国の文化の違いから、日本人だけの限界に気がつきました。多くの日本現地企業がもつ問題の大部分は、両国間のカルチャーの違いに上手く対応出来ないことから起っています。


 


ITALY WEB SITE 
英語で楽しめるイタリアの注目WEBサイトの紹介


www.imss.firenze.it
"Istituto e Museo di Storia della Scienza "

フィレンツェの科学歴史博物館のホームページ。ガリレオの発明ほか充実した内容で、1999年最も美しいホームページ賞を受賞。

www.palazzochigi.it
"Palazzo Chigi"

イタリア首相官邸のホームページ。首相紹介と内閣構成、その政治方針ほか、多くの重要な資料を含む。

TOP

私のイタリアビジネス日記ITALY WEB SITEBACK NUMBER

ご質問・ご意見は/e-mail:jdesk@japanitaly.com
www.japanitaly.com
(C)JAPANITALY.COM S.r.l-Milano All right reserved.