JAPAN-ITALY Business On-line
0 BUSINESS ON-LINEITALY NEWS

COFFEE

2000/2/1

私のイタリアビジネス日記ITALY WEB SITEBACK NUMBER


私のイタリアビジネス日記 

高達 秋良(こうだて あきら)
日本能率協会コンサルティグ・コンスイエル株式会社 技術最高顧問。日本能率協会(JMAC)でソニー、ホンダ、川崎重工など大手メーカーの経営コンサルティングを担当。1981年からフランス、1984年からイタリアに進出。1988年日伊ジョイントベンチャーでミラノにコンサルタント会社設立と同時に社長就任。イタリア企業のみならず大手ヨーロッパ企業数社の経営コンサルタントに携わる。1996年より現職。専門は研究開発、設計、生産技術管理。

 

1.ヨーロッパにて、本気で仕事をする事とは

私の出身母体の日本能率協会コンサルタント(JMAC)が国際化を始めた第1号は、1981 年2月、フランスでした。それはフランスのコンサルタント会社と共同の仕事で、陶器のリモウジュ焼き産地の電気器具企業(創立は電気絶縁焼物)が日本のロボット導 入を希望した為でした。

早朝のパリから南に下る特急列車の中で、フランスの広い平野を見て、豊かな農業に感心しながら、同行のフランス人から、会社の工業事情を聞 くと共に、産業ロボット導入によって人員削減への影響を危惧し、それを質問したところ、「同社は高い成長企業で心配ない。又、今は生産性向上のためにはフランスの 労働組合も反対しない」と言われ、安心しました。

工場を見てロボットの可能性はわかったものの、ロボット以前の問題があること、つ まり使用部品の品質の悪さと在庫部品の多さを指摘しました。結局、「その基本のことを解決してくれ」と言われ、この課題のコンサルテング゛を幹部に提案しました。 すると向こうは「本気でやってくれ」と言い、それに対して私が「本気でやります」と答えたら、反対に「その言葉は信じられない。本気にやるとは日本企業のライバル を援助することで、日本人として矛盾ではないか」と言うのです。そこで「今のままの作り方では永久に日本に勝てません。そうすると結果としてフランスは関税障壁か 数量規制をするでしょう。これは両国民の為にならない。生産の基本を直し、製品そのもので競争することが必要であり、それと私が本気でやることとは何も矛盾しない」と言ったら納得してくれました。

そして、今一つ「この仕事は1、2年かかりそうだ。本気でやるためには、パリに家族を住まわせないとフランス人は本気と思わない よ」と言われ、日本の「本気にやるには妻子を置いて来い」と言った時代を思いながらも、同意しました。然し、「ああ、これがヨーロッパ人の考え方か。こうしたことを 一つ一つ克服することが、成る程、国際化ということなのか」と考えはじめました。

 


ITALY WEB SITE 
英語で楽しめるイタリアの注目WEBサイトの紹介


www.istat.it
"ISTAT"

イタリア政府中央統計局のホームページ。イタリアの社会・経済の全体像を広範な統計データで紹介。同局発行の出版物の案内など内容充実。

www.ferrari.it
"FERRARI"

スポーツカー・フェラーリ社の公式ホームページ。同社の全モデルの情報や写真から、クレジット・カードで「ノベルティ」の購入も可能。

TOP

私のイタリアビジネス日記ITALY WEB SITEBACK NUMBER

ご質問・ご意見は/e-mail:jdesk@japanitaly.com
www.japanitaly.com
(C)JAPANITALY.COM S.r.l-Milano All right reserved.